無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お直し必要なし!1日中綺麗をキープする「秋冬ベースメイク」の作り方♡

朝しっかり保湿したのに、乾燥でファンデがすぐ浮いてしまう…と悩んでいませんか?秋冬は、スキンケアをちょっと工夫するだけでメイク崩れを防ぐことができるんです。今回は、崩れないスキンケア法とベースメイクのアイテムをご紹介します!

2018年10月
メイク

秋だって化粧崩れはするんです

朝キレイにメイクしたつもりなのに、ランチタイムにふと鏡を見るとお肌が乾燥でカピカピ…なんて事態になっていませんか?暑かった夏とは違って、秋冬は乾燥でメイク崩れする人も少なくありません。

メイク直しできないくらい崩れてしまうと、一日中気分が落ち込んでしまうもの。今回は、そんなお悩みを解消するべく、朝のスキンケアで工夫したいポイントと、おすすめのベースメイクアイテムをご紹介したいと思います。

秋冬も乾燥知らず!ツヤ肌を作る朝の土台づくり

メイク前のコットンパック

乾燥が加速するこれからの時期、過酷な環境に耐えうる肌を作るためには、何よりも「保湿」が大切です。毎日保湿をしているはずなのに乾燥を感じる場合は、化粧水をたっぷり使ってコットンパックするのがおすすめ。

いつもの化粧水でお肌を整えた後、何枚かにはがせるタイプのコットンにバシャバシャ使える大容量タイプの化粧水をたっぷりつけて、顔に貼っていきましょう。お肌にのせる時間は5~10分程度でOK。このひと手間がメイク崩れを左右するんです。

美容液と乳液を重ねづけする

コットンパックでしっかりお肌に水分を補ってあげた後は、乳液かクリームでフタをする人が多いと思いますが、美容液をつけてから油分を与えた方が潤いを閉じ込められます。

シワが気になるならハリを与えてくれるもの、毛穴が気になるなら引き締め効果が高いものなど、あなたの悩みにあわせた美容液をチョイスすれば、ベースメイクをより完璧に仕上げることが出来ますよ。

乳液はコットンでつける

ファンデの崩れを防いでキレイにのせたい場合は、乳液をコットンにとってからお肌になじませるのも有効。たっぷり含ませてプレスするようにつけると、ゴワゴワしたお肌がふっくらなめらかに。

その後、ティッシュで余分な油分をオフしましょう。お肌の表面が少し乾くまで待ってあげるとお肌に潤いが行き渡るので、メイクするまで他の用事を済ませるなどして時間を置くのがポイント。

保湿成分たっぷり♡おすすめの化粧下地

ファンデーションの前につけるメイク下地が、その日一日のメイクを決めるといっても過言ではありません。日中の乾燥で崩れる場合は、皮脂崩れなどに特化したものではなく、保湿力に優れたメイク下地を使いましょう。

記事に関するお問い合わせ