無料の会員登録をすると
お気に入りができます

禅や茶の湯など金沢の伝統文化を体感! 金沢の美しきアートホテル!〈KUMU金沢〉の魅力をご紹介。

旅行・おでかけ

近江町市場からほど近いリノベーションホテル〈KUMU金沢〉。

(photo Takumi Ota)

〈KUMU金沢〉は、金沢市中心部のオフィス街、観光名所の近江町市場や尾山神社へのアクセスも良く、兼六園、金沢駅へも徒歩圏内で訪れることができる場所にあるホテル。築44年のオフィスビルをリノベーションして誕生しました。

(photo Takumi Ota)

このホテルはリノベーションホテル〈HATCHi金沢〉や〈LYURO東京清澄〉をトータルプロデュースした、リビタが手がけています。

(photo Takumi Ota)

禅や茶の湯といった武家文化が色濃く残る町にある〈KUMU金沢〉のコンセプトは、地元で活躍する気鋭の地域プレイヤーが集い、金沢の伝統文化を未来につなぐための文化サロン。

(photo Takumi Ota)

まちに開かれたシェアスペースでは、工芸作家や茶人、僧侶、アーティスト等とともに、金沢の伝統文化にちなんだ多様なコンテンツを、現代的な目線で展開しています。ちなみにネーミングのKUMUは「金沢の伝統を“汲む“場所」が由来だそう。

茶室の美学を感じる木組みの天井が圧巻!

(photo Takumi Ota)

建物は築44年のオフィスビルの歴史が刻まれた内装解体後のコンクリートの表情を積極的に生かしたデザインに、職人の手仕事を感じさせるディテールを取り入れ、趣のある空間を演出。

(photo Takumi Ota)

注目は「不完全さ、簡素さ」といった茶室の美学を感じさせる木組みの天井。こちらはパーテーションで仕切れるようになっていて、おしゃれなだけでなく実用的なデザインになっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ