無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昼と夜の長さがほぼ同じになる[秋分の日]。今年はいつかな?秋の夜長にお彼岸について話してみよう!

ライフスタイル

「秋分の日」は夜と昼の長さがほぼ等しくなる日。2021年は9月23日(木・祝)。この日を中日として前後各3日を合わせた7日間が秋のお彼岸となります。

「秋分の日」が過ぎると、夜はどんどん長くなってきます。ぽっかり浮かぶ月や、キラキラ輝く星をみながら、親子で語らう時間を持つのもいいですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ