無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今からしっかり冬対策!生姜甘酒で寒さに負けない体作り♡

レシピ

生姜甘酒って?

米麹で作られた甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養が豊富で大ブームとなりましたよね。ブドウ糖・食物繊維・オリゴ糖・ビタミンB群など、整腸作用や美肌効果をアップさせてくれる成分がたっぷり入っています。

その甘酒にさらに血行促進作用の高い生姜を摩り下ろしたものを加えたのが「生姜甘酒」です。栄養豊富なもの同士を組み合わせることで、より健康に気遣う女性に嬉しい甘酒となったのです。

生姜+甘酒でどんな効果があるの?

米麹の甘酒には整腸作用がありますが、生姜にも同じく整腸作用があります。腸の調子を整えると免疫力がアップすると言われているので、風邪や感染症の予防に役立ったり疲労を回復したりする効果があるそうです。

また、夜ゆっくりと飲むことで体全体が温まり、ぽかぽかした状態を持続してくれるので冷えを改善してくれる効果もあります。生姜甘酒を毎日摂ることで少しずつ体質が改善していくのを感じることができます。

まずは甘酒を手作りしてみよう!

ブームのおかげで甘酒は一年中どこでも買うことが出来るようになりましたが、しっかりと甘酒の栄養を摂るためにはやはり手作りが一番。作り方はとても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

手作り米麹甘酒

recipe.rakuten.co.jp

材料は炊いたごはん・米麹・お湯。この3つだけです。あとは炊飯器を使って作ります。出来上がった米麹甘酒に摩り下ろしたての生姜を100g程加えて混ぜると、生姜甘酒ができます。

超簡単!米麹を使った甘酒の作り方

たくさん作ったら冷凍保存も!

たくさん作った時は冷凍保存がおすすめ。シリコン製などの小分けカップに大さじ2~3くらいずつ入れて冷凍しましょう。解凍するときは麹菌が死んでしまうので電子レンジではなく自然解凍を。保存期間は2週間です。

毎日食べたい生姜甘酒アレンジレシピ6選

生姜甘酒は1日に大さじ6を目安に摂取するのがいいそうです。そのままおやつがわりにパクっと食べるのももちろん良いのですが、毎日続けるとなると普通に食べるだけでは飽きてしまいますよね。

記事に関するお問い合わせ