無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その習慣でおデブになる!ダイエットで痩せない理由10選

ダイエットをしたりしてもなかなか痩せないのには理由があります。もしかすると、太りやすい生活習慣がついてしまっているのかもしれません。

2018年11月
美容

痩せないのはどうして?

生活習慣に理由あり

いつもと同じように過ごしているだけなのに太ってしまったり、ダイエットをしているのになかなか痩せないとお悩みの方はいませんか?それは食事や運動だけでなく、生活習慣に原因があるのかもしれません。

当たり前のようにやってしまうことでも、実は太ってしまう原因となります。そこで、ダイエットをしていても成果が出ない理由となる生活習慣や改善方法をご紹介します。

当たり前のような習慣にご注意を

1.睡眠不足・睡眠過多

睡眠不足になると、食欲増進ホルモンのグレリンが増加し、食欲抑制のレプチンが減少します。逆に寝過ぎても体内時計がずれ、太る原因となってしまいます。できるだけ1日に6~9時間の睡眠を目標にしましょう。

質の良い睡眠を取り、体内時計を整えることが大切です。まず朝起きたら太陽の光を浴びること。シャキッと目を覚まさせてくれるだけでなく、夜になるとメラトニンという睡眠を促すホルモンを分泌してくれることにもつながります。

寝る直前にスマホやパソコンを見ると、ブルーライトで覚醒してしまい寝付きにくいので控えましょう。休日と平日で睡眠時間に差をつけてしまうのも、体内時計がずれてしまうので気をつけて。日常の心がけから睡眠の質を高めましょう。

2.お風呂はシャワーのみ

シャワーだけだと体がきちんと温まりません。痩せたいならしっかり湯船に浸かりましょう。お風呂に入ることで血行が促進され、代謝が高まり、脂肪が燃焼しやすくなります。また体を温めることで脂肪もつきにくくなるでしょう。

温度は39~42度ほどがベターです。半身浴などで長い時間湯船に浸かるなら、水分不足にならないようにこまめに水分補給をすることを忘れずに。

食習慣にも気をつけて

3.朝食抜き

時間もないし朝食は抜こう…という考えはダイエットではアウトです。人の体は、朝ごはんを食べることで活動が始まります。

記事に関するお問い合わせ