無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年内のプロポーズも?男が結婚相手に求めているのは「◯◯力」

大好きな彼氏と早く結婚したいと思っている女性は少なくありません。しかし男性が求めているのはどんな女性なのかわからないものですよね...。なかなか彼から結婚の話が出ずにモヤモヤしている人はどうすればいいのでしょうか?

2018年11月
恋愛・結婚

どうしたら結婚が近づく?

大好きな彼氏と結婚するにはどうしたらいい?

交際中の彼氏と早く結婚するために、様々な努力を積み重ねている女性も多いでしょう。ある一定期間交際していて、花嫁修業だってがんばっているのに、なかなか彼が結婚の申し込みをしないのはなぜなのでしょうか?それは男性が結婚相手に求めているものが、あなたの努力とズレているからかもしれないです。

男が結婚に求めているものとは?

男は色気を嫁に求めているのだろうか?

婚活や恋活をするときに、魅力的で刺激的な女性を目指そうと、女らしさに磨きをかけて、色気をかもし出そうとがんばっている人もいます。しかしそもそも男性は妻に色気を求めているのでしょうか?

確かに恋愛において、彼女がセクシーなのは嬉しいです。しかしそれが毎日だとあまりにもセクシーすぎて安心することができませんよね。恋愛面ではセクシーさはプラスにはなりますが、結婚を望んでいる場合には、セクシーさはあまり重要ではありません。それでは男性は妻にしたい女性に何を求めているのでしょうか?

男は妻に女子力は求めていない

「恋愛したい女」と「結婚したい女」は異なる

女性にとって「恋愛したい男性」と「結婚したい男性」の条件は同じかもしれません。しかし男性にとって「恋愛したい女」と「結婚したい女」の条件は異なります。それぞれどんなことを求めているのでしょうか?

恋愛には女子力、結婚には家庭力

結婚したい相手に求める条件は、家計をきちんと守れることや料理など家事ができること、家を任せられたり、安心して子供を育てられそうな家庭的な面を求めています。一方、恋愛に求める事は男性にモテそうで、セクシーで、エッチがうまそうなど、女子力を求めています。つまり恋愛したい女性には女子力を求めていても、妻にはあまり女子力は求めていないのかもしれません。

恋愛の延長線上に結婚があるとは限らない

恋愛の延長線上に結婚があると考えている女性に対して、恋愛と結婚は全く別物と考えている男性。結婚適齢期になって交際してる彼氏とそのままゴールインしたいと女性が思っている一方で、男性は今交際してる彼女が恋人としてはいいけれど、結婚には向かないと考えている場合も少なくないのです。

結婚するには「妻力」を磨こう!

男性は結婚相手に、妻としてふさわしい条件が備わっているかということを見ています。具体的には家計を守れるかどうか、家事ができるかどうか、家を任せられるかどうかという点です。具体的にどんなことが必要なのかということを見ていきましょう。

家計を守れる

お金の流れを把握し、節約と貯金をする

夫婦共働きで財布が別だとしても、2人で必要になってくる家賃や水道光熱費、食費など、生活をする上で必ず必要なお金の流れを管理しましょう。なるべく節約をして、将来の貯蓄を作ることができるくらいの倹約家で、更にお金のことに関しても多少知識がある女性なら最適だと考えています。

もしあなたが自分の収入よりも出費が多く、全く貯金をせずに、「今日が楽しければそれで良い」といった考え方なのであれば、結婚をするためには少し改めたほうがいいかもしれません。

また浪費家の場合には、お金を使うことを我慢することを覚えた方がいいかもしれません。男性はお金に対する考え方がその人の価値観や考え方を表していると考えているので、お金の使い方をとてもシビアに見ています。

家事ができる

料理、掃除、洗濯をマスターする

男性の心をつかむためには胃袋をつかむのが1番です。彼好みの料理を作ったり、彼のおふくろの味を再現できるようになると、彼が仕事でどんなに疲れていても、積極的にあなたに会おうとするでしょう。

また料理だけではなく、掃除、洗濯など一通り家事をこなすことができ、いつでも快適な空間作りができるようになれば、彼はリラックスしてあなたのそばにいることができます。

家を任せられる

彼が結婚相手に求めているのは、いつか2人の間に家族が増えたときに家を任せられるかどうかということ。もし二人の間に子供が生まれたら、安心して幼い我が子を任せられるか、家事の他にも仕事など、大切なことを彼女に任せられるかどうかを彼は見極めています。二人の間に信頼関係があり、さらにあなたに全面的な信頼をおけるかどうかも重要です。家族になるということはそういうことなのです。

年内のプロポーズも叶うかも?

彼が結婚したいと思える相手になろう

彼に結婚を真剣に考えてもらいたいと思うのであれば、彼が自然にあなたとの結婚生活を想像できるようになっておきましょう。金銭を伴う生活を共にするということは、現実的に考えなければならないことが多いのです。年内のプロポーズを目指して、必要な条件を満たしていきましょうね。

記事に関するお問い合わせ