無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[9/27〜10/3の運勢]9月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

ナマケモノがなぜ怠け者に見えるかと言えば、まず動き自体が鈍いこと、そして木にぶら下がって一日二十時間も眠っているから。ただ、その代わりに一日にわずか10gの葉っぱを食べるだけでよく、糞尿も一週間に一回程度ですむというのだから、考えようによっては人間と比べて格段に省エネで、地球にやさしい生き物という風にも言えます。

興味深いのは、このナマケモノの近縁種に、かつてオオナマケモノという動物がいたこと。とはいえ、ナカケモノより怠けているからそう名付けられた訳ではなく、彼らは地上で活動し、食欲も旺盛、成長すれば体長6メートルにもなったと推定されているのだそう(ナマケモノの体長は約50~60cm)。

このオオナマケモノはどう考えてもナマケモノよりも積極的に生き、周辺の環境においてもより強大な存在であったように思えるのですが、しかしオオナマケモノの方は進化の中で絶滅してしまい、生き残ったのは木の上で「怠けていた」ナマケモノの方だったというのですから、なんとも興味ぶかい話です。あなたもまた、このタイミングで改めて「より強く、より多く」といった方向性の見直しをはかっていくとよいでしょう。

続きはこちらから

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

みずからの空間的分散

今週のやぎ座は、意識する対象を意図的に分散させていくような星回り。

「蘭の香や異国のやうに三ヶの月」は、作者・小林一茶が還暦直前の頃に詠まれた句。蘭には春に咲くもの、夏に咲くもの、秋に咲くものとたくさんの種類がありますが、歳時記では特に秋にふさわしい品のあるものとされています。蘭の香りのなかで細い顔をあげる三日月という、きめ細やかで匂いのある情景は確かに「異国のやう」ですが、江戸時代の作者にとっての「異国」とは何だったのか。

おそらく地理的には山をいくつか隔てたくらいの距離感くらいだったのかも知れませんし、聞いたことはあれど行ったことも見たこともないオランダや、はるか海を隔てた西方浄土を想像していた可能性だってあるかも知れません。

ただここでは具体的にどうこうというより、もっと感覚的な漠たる想像が日常から漏れ出て、知らぬうちにそろそろと拡がっていくような、無責任で好き勝手な連想が大切にされていたように感じます。あなたもまた、ちょうど掲句の「蘭の香」のように自身の意識をふわりと広げていくようなつもりで過ごしてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

ナルシシズムだっていいじゃない

今週のみずがめ座は、関係性の中の自己確認を、健全なレベルにみずから調整していこうとするような星回り。

かつて上野千鶴子が「恋愛病は個人になった近代人の宿痾のようなもの」と硬派に分析して見せた一方、中村うさぎは「女の病とは、畢竟、ナルシシズムの病なの」と書きました。

中村は「多くの女は、欠落した自己に飢えた」モンスターであり、彼女たちにとって「オトコなんて自己の投影物に過ぎ」ず、だから女は「オトコの個人性ではなく、オトコの属性」に固執するのであり、それは「彼女たちが自分自身に欲しがっている属性なのね」とみずからを斬ってみせたのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ