無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[9/27〜10/3の運勢]9月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

中村はきつく絡まった自身の苦しみをほどくようにして文章を紡ぎ、どうしたら「愛し愛される事への執着」を解除できるかを問うなかで、女たちが愛を確認したがるのは、男から捨てられることを心配しているからではなく、そうしないオキシトシンの分泌が止まって、それ以上男を愛せなくなるからだという、至極まっとうな答えへとたどり着いていく。あなたも、まずはナルシシズムだっていいじゃないと開きなおってみることから始めてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

触覚優位の関わりへ

今週のうお座は、木々の程よい関係性にならっていくような星回り。

秋も深まってくると、金木犀を詠んだ句がはなはだ増えてきます。しかもその大抵は、闇のなかで不意に匂ってくるさまを詠んだもので、それはそれで正直な実感に違いないとは言え、いささか食傷気味になってくるもの。その点、「木犀の香の沁みてゆく隣りの木」(野沢玲子)は闇夜でも月夜でもいいし、なんなら朝でも夕でも真昼でも一向にさしつかえないひろやかな把握と、それでいて抽象的になりすぎない描写の確かさがあります。

金木犀の香りは人間だけがそれに浴している訳ではなく、何よりもまず金木犀に隣接して生えている他の木々に沁みているのだ、という作者の視座には思わずハっとさせられる鮮やかさがありますし、言外のところで秋日の静けさが込められているようにも感じます。

それは素っ気ないというのではなく、いちいち口にする必要のないことは口にしない、という程よい関係性だったり、振る舞いの品の良さに由来するのかも知れません。あなたもまた、自分のなかに静けさや何か他のものが満ちてくるのを感じつつ過ごしてみるといいでしょう。

続きはこちらから

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

さっそく10分無料で占ってもらう

関連記事

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ