無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「怒りやすい犬」の性格は改善できる? 飼い主さんが実践したい3つの工夫

「うちのコ、なんだか怒りっぽいな……」そんな悩みを抱えている飼い主さんはいませんか? そこで今回は、「怒りやすい犬」の性格の改善策について、いぬのきもち獣医師相談室の先生がくわしく解説します!

ペット

「うちのコ、なんだか怒りっぽいな……」

飼い主さんが「些細なこと」と感じる場面でも、威嚇や吠え、噛むといった攻撃的な行動をしたり。そんな悩みを抱えている飼い主さんはいませんか?

そこで今回は、「怒りやすい犬」の性格の改善策について、いぬのきもち獣医師相談室の先生がくわしく解説します!

愛犬の怒りっぽい性格をなおすには、飼い主さんとの「信頼関係」が重要!

怒りやっぽい性格と思われている犬は、毎日の生活の中で、不安や恐怖を感じていることが多いと考えられています。

犬は、不安や恐怖から逃げられないと感じると、吠えたり噛んだりと怒った様子を見せて、自分を守ろうとするからです。

このような理由で怒りやすい性格になった犬は、飼い主さんとの信頼関係を見直してみましょう。

飼い主さんと強い信頼関係が築ければ、不安や恐怖を感じたときに飼い主さんに頼るようになり、自分を守るために怒ることがなくなります。

愛犬との信頼関係を築くために「指示トレーニング」を◎

強い信頼関係を築くためには、指示トレーニングをするとよいでしょう。「指示を出してご褒美のおやつを与えたり、褒めたり」を繰り返すと、「飼い主さんに従えばいいことがある」と学習し、飼い主さんを信頼するようになります。

怒りやすい性格を改善するためには、何かに夢中になっているときや興奮しているときでも指示に従えるほど、飼い主さんと強い信頼関係を築くことが大切だといえるでしょう。

愛犬との信頼関係を築くための3つのポイント

それでは、愛犬から信頼されるためのポイントを、もう少しくわしく見ていきましょう。以下の3つのことを試してみてください。

①指示トレーニングを続け、上手にできたときは褒めてあげる

ある程度指示に従えるようになっている犬に対しても、毎日指示トレーニングを続けてみてください。そして、上手にできたときは褒めてあげましょう。

褒められる回数が多いほど、飼い主さんへの信頼度も高くなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ