無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寒くて布団から出られない!冬の朝も気持ち良く目覚める方法10選

この季節はぐっと冷え込み、朝は布団から出たくないほど寒いこともあるでしょう。そんな寒い冬の朝でも、スッキリと気持ち良く目覚める方法をご紹介します。

2018年11月
ライフスタイル

寒い朝、布団から出られない…

冬でもスッキリと目覚めるには?

だんだんと寒くなってくるこの季節は、朝に布団から出るのが大変ですよね。布団の中の方が暖かくて気持ちいいので、寒い部屋に出たくなく、だらだらと過ごしてしまう方も多いのでは?

そこで、冬の寒い朝でもスッキリと目覚めて、気持ち良く布団から出る方法をご紹介します。

質の良い睡眠に導く

1.寝る1時間半~2時間前に40度のお風呂に入る

スッキリ目覚めるためには、朝だけでなく眠りに就く前の夜の時間の過ごし方も大切です。ぐっすり眠れていないと朝も気持ち良く起きられないので、睡眠の質を高めることも考えましょう。

そこで寝る1時間半~2時間前にお風呂に入るのがおすすめです。入浴によって深部体温(体の内部の体温)がぐんと上がった後で急降下し、眠りに就きやすくなります。

お湯の温度は少しぬるめの40度がベスト。副交感神経を優位にしてリラックスできる温度です。15~30分ほどを目安に湯船に浸かり、しっかりと体を温めましょう。

2.首を温めて手足を温める

寒い時期になると、冷え性で手足が冷える人はいませんか。眠るときに体は手足から熱放散して深部体温を下げ入眠するのですが、冷え性の人は手足が冷たく、眠りにつきにくいといわれています

そんな人は眠るまでの間に、首をマフラーなどで暖めましょう。首には皮膚が冷たさを感じる冷点があり、温めることで体が温まっていると感じ、手足も温まります。また首には太い血管が通っているので、温めることで血行が良くなり全身が温まるのです。

3.目の周りを暖めてリラックス

目の周りには副交感神経が集中しています。その目の周りを温めると、副交感神経を刺激し、体がリラックスモードになるのです。

そこで、寝る前はホットアイマスクや蒸しタオルを使い、目の周りを温めましょう。光を遮断することで暗くするのも、眠気を誘いやすくなる秘訣です。

記事に関するお問い合わせ