無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「今」の家族の暮らしを優先すれば断捨離はうまくいく!/暮らしが変わる時短家事

ライフスタイル

捨てると手間が増えるものは残す

最初はなかなか手放すことを決めきれずにいても、繰り返し判断するうちに、弾みがつきます。私自身も、ものが減るにつれて家の中がすっきりするのを実感し、余分な贅肉が落ちていくような爽快感を味わっていました。雑誌やインスタグラムで見るようなすてきな暮らしが手に入るのかも……とうれしくなり、ついには炊飯器も捨てようとしたところで、ふと我に返りました。毎日土鍋でご飯を炊くのは、私には無理です。

冷静に考えれば、そもそも私が目指しているのはミニマリストではなく、家事をラクにして、毎日気持ちよく、家族と楽しく暮らすこと。土鍋よりは炊飯器でご飯を炊くほうが、私にとってはラクで現実的です。

また、いろいろな種類の洗剤を持たず、家じゅうを重曹や石けんだけできれいにするナチュラル掃除も試してはみたけれど、毎日こまめにやらないと汚れを落としきれず、場所ごとに特化した洗剤の手軽さも実感していました。

ものは少ないほうが家事はラクになるけれど、何でも減らせばいいわけではない。あるほうが自分にとってラクなら、炊飯器も、場所ごとに違う洗剤も残そう!と思ったら、自分らしいものの持ち方が見えてきた気がしました。

ミニマリストではないので、収納チェストを部屋ごとに置いて、中に収まっていればよしとします

複数あったほうが便利なものもある

ものによっては、1個だけでなく、複数あったほうが便利なものもあります。例えば、わが家の場合、ドライバーは工具箱の中にもあるし、子どものオモチャの電池を交換するときによく使うので、電池ボックスの中にも入れています。また、粘着式クリーナーは、布団の掃除や衣類のホコリ取り、洗面所の床に落ちた髪の毛を取り除くのにもすぐ使えるように、家じゅうのあちこちに置いています。これらのものは、よく使う場所にそれぞれ置いたほうが、使うたびに取りに行って戻す手間がなく、効率的です。

こうして、今必要なものだけを残したら、家事が驚くほどラクに。今の生活にゆとりがないと感じているなら、少しずつでも、不要なものを減らすことをおすすめします。

家事ラクポイント

目指すのはミニマリストじゃない!あると便利なものは捨てずに残す

著=かおり/『暮らしが変わる時短家事 家事、育児、仕事でボロボロだった私が20時以降を自分時間にするまで』(KADOKAWA)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ