無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチン棚、クローゼット、デスクに七変化!お洒落なユニットシェルフ活用術

インテリア

棚板の高さを変えたり、パーツを加えたりして形が変えられるユニットシェルフ。便利ですが、ちょっと無機質な印象で、一時的な収納棚と捉えている方も多いのでは?インテリアブランド「Re:CENO」のユニットシェルフ「R.U.S」は、温もりを感じられる素材と機能的な構造が特徴で、長く使い続けることができます。

リビングシェルフとして

こちらはキャビネットも加えてリビングに置いている例です。
シェルフボードにはお気に入りの雑貨やアート、観葉植物をディスプレイ。扉が付いたキャビネットもあれば、日当たりを避けたいアルバムや生活感の出てしまう説明書などは隠して収納することが可能になります。

R.U.S おすすめセット #13
94,000円(税込)
幅92cm×奥行き43cm×201cm

キッチンキャビネットにも

キッチンやダイニングで、調理器具や器を収納することもできます。
スライド式の扉が付いたガラスキャビネットを加えれば、ホコリをよけながら見せる収納ができるので、お気に入りの器を飾ってはいかがでしょう?さらにシェルフボードやフレームを横付けしていけば、こうして収納スペースを広げてゆったりと使えます。

R.U.S おすすめセット #6
138,600円(税込)
幅136.5cm×奥行き43cm×高さ165cm

環境の変化にも寄り添い続けてくれる家具を取り入れて

簡単な模様替えから引っ越しのタイミング、パートナーと暮らし始めるときや家族が増えるといった機会にも、フレキシブルに形を変え使い続けられるR.U.S。上でご紹介した背が高めのタイプ以外に、テレビボードなどにぴったりの低めのタイプもおすすめです。

サイトでは、組み立て方を動画で確認でき、雑貨などをディスプレイした実例も豊富に紹介されています。また、R.U.S以外にもさまざまな家具があり、テーブルやソファなどとの組み合わせを考えるのも楽しいですよ。
長く寄り添ってくれる上質な家具を、これからの暮らしに迎えてみてはいかがでしょうか?

ワンランク上の部屋作りに。中身が見えて取り出しやすい「Re:CENO」のかご収納 | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/75339

photo / Re:CENO

Re:CENO(リセノ)

Re:CENO TOKYO
世田谷区玉川3丁目9番3号  STREAM TAMAGAWA 2F
TEL:03-5797-2278
営業時間:11:00 ~ 20:00
定休日:水曜定休(水曜が祝日の場合は、木曜に振り替え)

Re:CENO KYOTO
京都府京都市中京区西錦小路町249
TEL:075-253-1710
営業時間:11:00 ~ 20:00
定休日:水曜定休(水曜が祝日の場合は、木曜に振り替え)

※営業時間などは変更となっている場合がございます。あらかじめご確認の上ご来店ください。

https://www.receno.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ