無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家族やゲストも準備に参加しやすい! 誰にでも分かる収納&片づけ/家じゅうすっきり!片づけ&掃除ワザ

インテリア

職業柄、食器の多いみないさんですが、食器棚に種類やサイズごとに重ねてすっきり。「よく使う取り皿や娘の食器などは手前に置き、家族はもちろん、ゲストも迷わず取れるように」。

お茶やコーヒーなどの飲み物のコーナーを作り、セルフで飲んでもらう

来客の前にポットいっぱいにお茶を作っておき、色違いのカップと併せてトレイにセット。「セルフサービスのドリンクコーナーは、各自が好きなペースでお茶を飲めると好評です」。

常備菜は見た目よしの保存容器に入れてそのまま食卓へ

野田琺瑯のシンプルな保存容器に、じゃこサラダなどの常備菜を保存。「アレンジおかずにしたり、そのまま出しておつまみにしたり。お皿に盛りつける手間が省けます」。

パンやチーズをカットするミニまな板を活用する

小さなカッティングボードを、調理中のサブのまな板として活用。「メインのまな板だけを使い回すと、作業のたびに洗って水けを拭くなど手間も時間もかかるもの。ダブル使いが◎」。

鋳物のほうろう鍋でご飯を炊きセルフサービスに

ストウブの18センチ鍋で炊飯。「おいしく炊けるのはもちろん、冷めにくいのがポイント。見た目がよく食卓へそのまま出せますし、各自が自分でよそう楽しみも味わってもらえます」。

【読者の声】

鋳物の鍋でご飯を炊いてみたらおいしいし、冷めなくてグー!

三角コーナーは置かず、ビニール袋に入れてそのつど片づける

調理中の生ゴミはビニール袋に入れて処理。ある程度たまったら、フォークなどで穴をあけ、水けを切って袋を二重にしてゴミ箱へ。「三角コーナーを洗うストレスから解放されました」。

トースターを使ってメインの肉を焼く

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ