無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メリハリ強化! バレエダンサーが教える、ウエストのくびれを作るエクササイズ

美容

骨盤のゆがみを整えて、くびれを作ろう!

ウエストのくびれを作るには、骨盤がポイント! お腹の脂肪を減らして筋肉をつけただけでは作れません。くびれ作りには、骨盤のゆがみが大きく影響しています。ゆがんだ骨盤のまま腹筋を鍛えても、なかなか理想のくびれを作ることはむずかしいのです。そこで、くびれを作るためにはまず骨盤の動きを把握しましょう。周辺の筋肉をほぐしながら、少しずつ骨盤を正しい位置に戻していくことが、くびれを作る近道なんですよ。

くびれを作るエクササイズ ステップ<1>

最初は、骨盤の動きを確認しつつ、骨盤周辺の筋肉をほぐすエクササイズから始めていきます。

<1>足もとをラクな幅に開いて立ちます。

<2>ひざを軽く曲げて、骨盤を前後に傾けましょう。ゆっくりとていねいに行うことがポイントです。
前後に傾けると、やりづらいと感じるほうがあるかもしれません。そう思った側は、とくにゆっくりと意識して行うと効果的です。

<3>骨盤を、前、右、うしろ、左へとゆっくりまわします。大きな円を描くように、それぞれの方向へと最大限にまわすイメージで行って。目安として10回まわしたら、逆まわしも行ってください。
まわすときに、どこかの方向がやりづらいと感じるかもしれませんが、その方向へ動かすときはよりゆっくりと意識して行うことがポイントです。

くびれを作るエクササイズ ステップ<2>

続いて、腹筋全体をバランスよく鍛え、くびれを作るエクササイズです。

<1>あお向けに寝ます。両ひざを曲げて、両腕は頭の横で伸ばします。お腹をグッと引き締めて、床と腰の間のすき間が手のひらの厚さが入るくらい空けます。

<2>息を吐きながら、曲げた両ひざを片側へ倒します。このとき肩が浮かないように気をつけてください。

<3><1>の位置を通るように、曲げた両ひざを移動させて逆側へ倒します。お腹を引き締めて腹筋を使って動かすことがポイントです。目安としてこの流れを10回くり返してください。

効果的なエクササイズのポイントとして、脚は股関節とひざをそれぞれ直角に曲げて、左右のひざの内側をつけて行うように意識しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ