無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そこにあるのは美しい心。「外国語で翻訳できない日本語」15選

ライフスタイル
Photo by Kawin Harasai / Unsplash

分かち合う、共有する、という気持ちも込められています。シェアという言葉が近いかもしれませんが、「ほんの少しですが」というような、日本らしい謙譲の心は含まれません。まさに日本独自の言葉なのです。

imagenavi / GettyImages

9.こだわり

「こだわり」とは気にしなくても良い部分が気になる、というような意味です。「一つのことを貫き通す」というポジティブな意味でもあり、「気に障る」というネガティブな意味でもあります。

artparadigm / GettyImages

誰しも「こだわり」があり、その人の個性を表します。とても幅広い意味を持つけれど「こだわり」と一言で表すのは、他の国にはないのでしょう。

10.わび・さび

「わび・さび」というのは質素で静かなこと。日本独自の美意識を表しています。「わび」と「さび」は元々別の言葉です。「わび」は失意・落胆・つらさ、「さび」は生命力が衰えるさま。実はどちらも否定的な意味なのです。

ただどちらも生きていると当たり前にあることですよね。自然も人の命も衰えていき、そこに気落ちすることもあります。しかし、そこにある静寂には美しさもあります。そんな日本ならではの美しさの価値観は、海外から見ると新鮮なのかもしれません。

11.幽玄

物事の趣が奥深く計り知れないさまや、その気品ある・優雅なさまを「幽玄」と言います。歴史的・伝統的なものに触れたとき、大自然を目の前にしたとき、言いようのない畏れを感じることがありますよね。

Photo by Dil / Unsplash

そんな「幽玄」は海外の人にも共感できることですが、一言で言い表せるのは日本語の「幽玄」だけなのかもしれません。

えっ、こんな言葉まで?

12.積ん読

読書家の間でよく使われる「積ん読」とは、読もうと思って買った本なのに、積んでおくだけで読まないこと。読みたいと思っている本はたくさんあって買ってしまっても、なかなか読む時間がないんですよね。

Photo by Florencia Viadana / Unsplash

積ん読というのが日本にしかない言葉ですが、世界中の読書家たちは共感できる言葉のようです。

記事に関するお問い合わせ