無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/11〜10/17の運勢]10月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

ところが、当時の画壇の大御所である谷文晁が描いた彼の肖像画を見ると、それがなんとも特徴的なのです。その表情は、一歩間違えれば愚かにしか見えないのですが、それがギリギリのところで「大愚」すなわち大人物の気風となりえているのは、ひとえに対象へのリスペクトがあったからでしょう。あなたもまた、可能な限り自身を世間にむかって開いていくことがテーマとなっていきそうです。

続きはこちらから

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

経年変化の楽しみ

今週のうお座は、自分を支えてくれてきたものへの、しみじみとした思いが浮かんでくるような星回り。

「膝がしら木曽の夜寒に古びけり」(小林一茶)は、作者五十三歳の頃の作。山深く静かな木曽の地では、秋の冷えも早い。こうして正座をしていると、寒さがしみるなあ、と突き出た自分の膝がしらを見ていたときの感慨を詠んだのでしょう。

しかし「古びけり」という表現には、単に自身の衰えや加齢への実感を表わしただけではなく、時の経過を俯瞰的に眺める視座や、そこでかすかに昂然としている作者の思いも垣間見えてきます。こんな自分を長いこと支えてくれて、よく頑張ってくれたなあ、今の自分にはなんだか底光りして見えるぞ、といいたい気持ちが出てきたのだろう、と想像してみても、そこまで不自然ではないはず。

中七の「きそのよさむに」という言葉の語感もまた、いかにも素朴で飾り気のない古樸な印象を受けますが、それは自身と文字通り二人三脚でやってきた四股への思いも重ねられていたのかも知れません。あなたも、うまくいけば自分が何によってここまで運ばれてきたのかということに改めて気付いていくことができるはず。

続きはこちらから

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

さっそく10分無料で占ってもらう

関連記事

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ