無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎月どうしても赤字がでるときは何を見直したらいい!?家計のコロナ乱れを整える4つのコツ

節約・マネー

まずは毎月の収支をトントンにして、ボーナスから赤字の補填をするのはやめましょう。

次に記事の最後にご紹介する「まとめ」のやり方で家計を見直して、浮いたお金を少しでも毎月貯蓄できれば、家計管理に自信がつきます。

2▷【重要】「わが家はいくらで暮らしているか」を知る

コロナ禍でお金の使い方が変わっているため、銀行口座からの引き落としとクレジットカード、お財布の3つの出口から出ていくお金を月ごとに書き出して、毎月の支出額を改めて計算してみましょう。

毎月の支出の合計額が収入を超えていなければOKです。

超えているときやもっと貯蓄したいときは、内訳を見てムダな部分を削りましょう。

3▷「いざというときの貯蓄」を使うときは、足りない分だけ

どうしても赤字が出るときや、本当に必要なボーナス支出がボーナス額を上回るときは、「いざというときの貯蓄」で賄いましょう。

このとき、必要な金額より多めにお金を下ろすと使ってしまうので、足りない分だけ貯蓄(財形貯蓄や定期預金など)から出すようにして。

4▷積立貯蓄は、一時ストップしてもやむなし

毎月の赤字が続きそうなら、給与天引きで行なっている財形貯蓄や給与振込口座からの自動積立預金など、貯蓄性の積み立ては一時的にストップしてもしかたないでしょう。

今は赤字を出さないことのほうを優先してください。

つみたてNISAや投資信託の積み立てなど値動きのあるものは、可能なら継続したほうがいいでしょう。

まずはざっくりと家計簿をつけてみよう

お金の出口は、銀行口座とクレジットカード、お財布の3つです。

このうち使った現金の管理に役立てたいのが、簡単につけられる家計簿です。

日々の出費はざっくり記入でOK

お財布から出ていくものと、その金額を記入しましょう。

レシートごとの金額でOKです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ