無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元銭湯をリノベーション!京都・太秦の異空間カフェ「Hashigo Cafe」

昔ながらのレトロな銭湯が今なお多く残る京都では、現役の銭湯はもちろん、銭湯を改装した「銭湯カフェ」も人気があります。映画の街として知られる太秦に、新しく銭湯カフェ「Hashigo Cafe(ハシゴカフェ)」がオープンしたと聞いて訪れてみました。レトロさとユニークなしつらえが魅力のお店をご紹介します。

田中 麗 写真:小川 康貴

旅行・おでかけ

昔ながらのレトロな銭湯が今なお多く残る京都では、現役の銭湯はもちろん、銭湯を改装した「銭湯カフェ」も人気があります。映画の街として知られる太秦に、新しく銭湯カフェ「Hashigo Cafe(ハシゴカフェ)」がオープンしたと聞いて訪れてみました。レトロさとユニークなしつらえが魅力のお店をご紹介します。

元銭湯の広い空間を生かした個性豊かな店内

手づくりの看板などがおしゃれ

「Hashigo Cafe」は、嵐電・常盤駅から5分ほど歩いた住宅街に位置します。白壁の和風建築に、店名にもなっている「はしご」のモチーフが目印。大きなガラス戸が開放的で、自然とお店の中に誘ってくれるようです。

カウンターの奥には手づくりのスパイスなどがずらり

店内はバーのような雰囲気のカウンターや、ナチュラルテイストで統一されたギャラリー、浴槽をそのまま使ったひとり席など、コーナーごとに全く異なる雰囲気です。

物件の決め手ともなった天窓。ひとめぼれしたのだとか

また、男湯だったスペースは白が基調で、頭上に広がる天窓からやわらかな光が降り注ぐここちよい空間。一方、女湯であった場所は落ち着いたウッド調で統一されています。

自分の世界に浸れるスペース

さらに、水風呂だった場所には、おひとり様用の個室が用意されています。元銭湯ならではの広い空間の中で、思い思いの時間を過ごせるのも魅力です。

店内のいたるところにハシゴモチーフがある

店名の「ハシゴ」とは、人と人との繋がりの架け橋となる空間でありたいとの思いが込められているのだそう。実はこちら、元々は店主が和歌山県で手がけていたお店がはじまり。結婚を機に京都に移住してきた店主が、元のお店のコンセプトはそのままに、新たに京都らしいエッセンスをプラスしてこの場所にオープンしたのだとか。

ボリューム満点の手作りメニュー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ