無料の会員登録をすると
お気に入りができます

誰でも簡単に正しいスクワットができる!壁を使った「ウォールスクワット」

しっかりと太ももやお尻の筋肉に効かせられる筋トレ「耐筋ウォールスクワット」。キープしている間、ずっと筋肉が収縮してじわじわ効いているので、筋トレ効果はバツグン! 太ももやお尻など大きな筋肉を強化することで、エネルギー消費量もアップし、代謝のいい体を作れます。

八木 知美

ライフスタイル

下半身の筋力を強化して代謝アップ「耐筋ウォールスクワット」

<1>壁に背中から腰をつけます。壁に寄りかかったまま、左右の足を肩幅の1.5倍ぐらいに開き、前に出します。

<2>ひざの角度が90度になるまで曲げ、太ももが床に対して平行になるようにします。
手は体の前で自然に組んで。
この姿勢のまま、30秒~1分キープ。

<Point>
ひざの角度が鋭角になり、ひざに負担がかかりやすくなります。ひざの角度が90度になる位置に足を置きましょう。

イラスト/武曽 宏幸

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む