無料の会員登録をすると
お気に入りができます

主婦に人気の医療事務の資格を 取るにはどうしたらいいの?

主婦が取得する資格として、必ずトップ3には入っている医療事務。よく聞く資格だけど一体どんなものなの? 医療事務の資格のこと、資格の取り方、仕事内容、働き方、給与などを紹介します。

ライフスタイル

主婦が取得する資格として、必ずトップ3には入っている医療事務。よく聞く資格だけど一体どんなものなの? 医療事務の資格のこと、資格の取り方、仕事内容、働き方、給与などを紹介します。

医療事務ってどんな資格なの?

医療事務とは、全国の病院やクリニックなどの医療機関の受付、経理や事務などをする仕事です。医療事務は、お医者さんや看護師さんなどのような国家資格はなく、民間の資格が数多くあります。自分がどの医療機関でどのように働きたいかなど目的に合った民間の資格試験を選んで受験するといいでしょう。

医療事務の資格のメリットは?

医療事務のスキルは一生モノ。一度身につけたら、子育てなどでブランクがあっても、復職しやすいところが大きなメリットです。しかも、病院などの医療機関は全国にありますから、どこに引っ越しても仕事ができます。さらに、正社員でフルに、子どもを幼稚園に預けている間にパートでと、働き方を自由に選べるのも医療事務の大きな魅力です。

資格はどうやって取るの?

医療事務の資格を取る方法は大きく分けて4つあります。

【通信講座を受講する】
時間と場所の制約がない通信講座は、自分のペースで進められて、費用も抑えられるのが魅力。ですが、一人できちんと時間をつくり、やり遂げる意志の強さが必要になります。カリキュラムは充実していて、質問などをメールで受け付けてくれるところもあります。

【専門の講座に通う】
講師から直接学ぶことができ、疑問はその場で解決するため、いちばん効率的な方法。でも、きちんと通えることが条件。費用も通信講座よりは割高になります。

【専門学校などで学ぶ】
専門学校、短大、大学に入学し、時間をかけて学べます。医療事務だけでなく、医療・福祉、法規や経営などまで幅広く学べるところがメリット。就職率も高くなりますが、その分、時間と費用がかかります。

【独学で勉強する】
自分でテキスト、問題集などを取り寄せて、黙々と一人で勉強する方法。費用は問題集などの購入費くらいしか必要ありませんが、かなりの強い意志と覚悟がないと続きません。ある程度、医療事務の知識がある人向きです。

受験資格、試験日程、費用など

医療事務関連は、すべて民間の資格試験となります。資格試験はたくさんあるので、病院やクリニックで働きたい人向けの代表的なものだけ紹介します。
【医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®)】
・受験資格……不問
・試験日程……年12回(毎月)
・試験内容……学科試験、実技試験I、実技試験II
・受験料……7500円

主催している団体……一般財団法人 日本医療教育財団

【診療報酬請求事務能力認定試験】
・受験資格……不問
・試験日程……年2回(7、12月)
・試験内容……学科試験、実技試験
・受験料……9000円

主催している団体……公益財団法人 日本医療保険事務協会

【医科医療事務管理士®技能認定試験】
・受験資格……不問
・試験日程……年6回(奇数月の第4土曜日)
・試験内容……学科試験、実技試験
・受験料……7500円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ