無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水道光熱費を節約したい! 電気・ガス・水道の基本料金は安くできる?

節約・マネー

水道料金を抑えるには?

水道は一部民営化の話もありますが、まだまだ電気やガスのように自由化には至らず、地域の水道局が管轄しています。そのため、安い水道会社に切り替えるという選択肢はありません。

水道料金を下げたい場合、基本料金の安い小さな口径に交換したいと思う人もいるでしょう。しかし、水道メーターと適合するサイズの引き込み管を交換するとなれば、数十万から100万円前後の工事費がかかるため現実的ではありません。

水道料金の節約には、やはり徹底した節水対策が重要です。お風呂の水は洗濯や掃除などに再利用する、洗濯は少量でなくまとめ洗いする、シャワーは節水タイプにするなど工夫してみましょう。

関連記事:夏の水道代を節約する! 流しっぱなしを抑えると一ヶ月いくら節約に?

まとめ

電気やガス料金は、契約している会社や契約内容によってお得なプランに乗り換えることもできます。水道光熱費の平均と比べて使いすぎていると感じた場合は、契約を見直してみてはいかがでしょう。水道は基本料金の減額が難しいため、節水により使用水量を抑えることが大切です。

水道光熱費はライフラインを維持するために必要な経費なので多少の出費はやむを得ませんが、契約の見直しや工夫次第で節約できる可能性があります。ぜひ実践してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ