無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そっちを買うなら「こっち」がお得!家事が楽ちんになる買い物術15選

家事に仕事に大忙しで時間がないという人へ。いつも買うアイテムを別の物に変えると、結果的に家事の時短にもなることがあるんです。そんな家事の時短を叶えてくれる、ちょっとした買い物術をご紹介します。

2018年11月
ライフスタイル

買う物を変えると時短になる!

そっちを買うならこっちを買おう

毎日仕事や家事に追われて、時間の余裕がないとお疲れの人はいませんか?それなら家事の時短を叶えられるよう、買い物に着目してみましょう。買う物を変えれば、ずっと時短になることがあるのです。

そこで、「こっちを買うと家事が楽ちんになる」という買い物術をご紹介します。

料理の時短術

1.「カット済み肉」で調理楽ちん

かたまり肉は安くはありますが、切り分けるのに時間がかかってしまいます。それよりはカット済みの肉を使った方が、調理時間が短縮できます。時間をお金で買うと思えば、コスパも良いと感じられるでしょう。

2.「下味肉」で味付け省略

下味が付けられている肉を買えば、味付けの手間が省けます。味が付いていない肉でも、小分けにして先に下味を付けておけば、調理するときラクになりますよ。

3.下処理が大変な食材は「加工食品」

あく抜き、皮むき、殻剥き、骨取り、砂抜き…など下処理が大変な食材もありますよね。そんな食材は生鮮品よりも加工食品の方が料理時間を短縮できます。

特別な料理などは生鮮品を使い、手間がかかっても味や新鮮さを重視しても良いですが、日常の料理では効率の良さを優先することも大切です。

4.たまに使う野菜は「冷凍」

毎日でも使う野菜なら生鮮品をたくさん買っても良いですが、たまにしか使わない野菜は余らせて腐らせる可能性があります。そこで、冷凍でストックしておけば食材が無駄になりません。

まいちく❁ on Instagram: “2018.10.24🔪 . . 今日の家事貯金記録📝 . . 2枚目にお品書きを載せています。 よかったらご参考になさってください◡̈⃝︎⋆︎* . ◎お品書きは冷凍、下味冷凍、下拵えと記載しています。 冷凍品は一晩かけて冷蔵庫で解凍してから加熱調理します。…”
instagram.com

使いやすいサイズに切ってから、レンジや茹でて火を通し、保存袋などに小分けにして冷凍保存しましょう。それすらも面倒なら最初から冷凍食品の野菜を買ってもOKです。食材によって保存方法を分けることが家事の時短につながります。

記事に関するお問い合わせ