無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その買い物、もっと時短にできる!賢いショッピング術10選

買い物に時間がかかってしまう人はいませんか?それは買い物が長くなるクセがあるからです。そこで、買い物をもっと時短にする方法をご紹介します。

2018年11月
ライフスタイル

自由に買いたい物や新しく試したい物があるときは、時間があるときに買いましょう。日常の買い物では関係のない物に目を奪われないようにすることが大切です。

④ルートを決めて、コーナーごとにメモを分類

同じ場所は2回通らず、1周するだけで買い物を終わらせるとスムーズに買い物が済みます。まずは店の配置を確認しましょう。野菜・果物、肉、卵、魚、調味料、お菓子、乳製品、日用品…など種類ごとにコーナーがありますよね。

コーナーごとに買い物メモのリストを分けると効率的です。野菜コーナーではほうれん草と玉ねぎ、肉コーナーでは鶏むね肉、乳製品では牛乳とヨーグルト…というように。

入り口から入ってレジに行くまで、買いたい物に合わせて1周で済むようにルートを考えましょう。この買い物メモを見て行けば、かなり時間短縮になりますよ。

時短になる買い物テクニック

⑤買い物の回数を減らす

買い物の回数が多いと、それだけ目につく品物も多いので、ついでに買ってしまうなど無駄買いが増えてしまいます。週末にまとめて買うなど、買い物の回数を減らしましょう。

⑥1度の買い物で1つのお店を利用する

特売はAスーパーで、日用品はBスーパーでなど、1回の買い物で場所を何度か変える人もいるかもしれません。たしかにお金ではお得かもしれませんが、時間もかかり交通費も増えてしまいます。結果的にお得ではないことも多いのです。

それよりは1度の買い物は行くお店を1つに固定しましょう。自分がよく買う物がお得に買える場所や、品揃えの良いスーパーなどがベター。何度も同じ店に行けば商品の配置もわかって、買い物もスムーズにできます。

⑦ネットスーパーの活用も◎

買い物に行き、品物を探し、会計をして、袋に入れて、帰ってくる。買い物は意外と手間がかかります。もっとラクをしたいなら、ネットスーパーを利用しても良いでしょう。毎週or毎月必要になる物はネットスーパーで定期購入にするのも◎。

合計金額が出るので予算内に収めるよう調整もしやすいです。何を買ったか購入履歴から見直せて、次の買い物にもつながります。外にでかけたり重いものを持ち運ぶ大変さもありません。地元のスーパーより商品の量が多いこともあります。

記事に関するお問い合わせ