無料の会員登録をすると
お気に入りができます

介護、子育て、仕事。すべてを両立するには?両立するための制度も

ライフスタイル

この記事では、介護、子育て、仕事を両立するための支援制度をご紹介します。子育てと仕事だけでもとても大変なのに、そこに介護も加わると、支援なしで両立することは想像を絶する大変さです。現在、介護と子育てと仕事のバランスにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

介護と子育てに加え、仕事の両立は可能か?

介護と子育てのダブルケアに加え、仕事もこなすことは可能なのでしょうか?ここでは、ダブルケアと仕事の両立について考えてみましょう。

金銭的、精神的負担が大きすぎる

介護と子育ては両方ともかなりの金銭的な負担が大きいです。食事を例にあげてみると、子供が食べる食事と、要介護の方の食事が同じというわけにはいかないでしょう。メニューが違えば食費も余分にかかることがわかります。

ほかにも、保育施設と介護施設を利用するならば、利用料金もかかるため、一ヵ月の出費もかなりのものになりそうです。それに加えて、子供と要介護者のお世話をする方の精神的負担は計り知れないものがあります。

一人で悩みを抱え込み、介護うつになってしまうことも

現代の日本では、まだまだ育児や介護は女性がするものという認識が残っているため、どうしても負担が女性に偏りがちです。そうなると、どうしても女性が仕事を辞めて、育児と介護に専念するというケースが多く、金銭的な負担、精神的な負担などの悩みを一人で抱え込み、体調を崩してしまう方も少なくはありません。

介護、子育て、仕事に関する支援制度

ここでは、介護や子育てと仕事を両立するための支援制度をご紹介します。お悩みの方はぜひ活用してください。

公的介護支援、子育て支援制度がある

国や住んでいる地域が取り組んでいる、公的介護支援制度や、子育て支援制度があります。公的介護支援制度は、介護が必要な度合いによってサービスが異なり、在宅サービスや地域密着型サービスの利用の支給限度額も異なります。

育児に関しては、一時預かりなどの保育サービスだけでなく、児童手当など金銭面のサポートも充実しています。

介護休暇や育児休暇を活用

仕事との両立が難しいと感じている方は、介護休暇や育児休暇を活用してみましょう。職場に言いづらいと感じる方もいるかもしれませんが、これらの休暇は、労働者に認められている当然の権利です。休暇を活用しながら、自分の体も休めてあげましょう。

自治体の支援制度を調べよう

ダブルケアへの相談窓口が設けられている自治体はまだまだ少ないですが、各自治体には、介護や育児の相談窓口が設けられています。まずは、自分たちに合う支援制度があるかどうかの情報収集から始めましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ