無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛犬は大丈夫? “どんより顔”する犬の対応4選

目はうつろ、口も閉じていて、なんとなくどんよりしている……。愛犬がそんな表情をしているときは思いのほかストレスを感じているサインかもしれません。それだけでなく、ほうっておくと吠えグセなどの困りごとにつながる可能性も。どんより顔をしている犬の気持ちとしつけ方をご紹介します。

ペット

どんより顔をしているとき、犬はストレスを抱えているかも

毎日愛犬を見ていると、なんとなく“どんより”とした表情を浮かべることがありますよね。
じつはそのとき愛犬は、寂しさやストレス、物足りなさなど、マイナスの感情を抱いている可能性があります。
そんな状態で愛犬をほうっておくと、先々吠えグセがついたり、攻撃的になったりするなど、問題行動に発展することもあるのだとか。
次から紹介する対策を参考に、愛犬が抱いているマイナスの感情を取り除いてあげましょう!

対策1 散歩に行けずにどんより顔をしているとき

↑飼い主さんがなかなか散歩に行こうとしないと、目を細めてどんよりするクッキーくん(ビーグル)。
「早く行こうよ……」と言いだしそうです。

↑散歩が大好きなくるみちゃん(シェットランド・シープドッグ)。
散歩中に「今日の散歩は短めでお願いします」と話しかけると、こんなどんより顔で見つめてくるそう。

お散歩は愛犬にとって非常に楽しみなイベントのひとつで、行けないと、自分の要求や欲求が満たされない物足りなさから“どんより”する犬が少なくありません。
このような状況が何度も続くと、犬はエネルギーやストレスを充分に発散できず、吠えグセや噛みグセ、イタズラ、食フンなどの困りごとに発展することが!
そのため、できる限り毎日散歩へ行き、愛犬の気持ちを満たしてあげることが大切です。

もし雨などで散歩に行けないのなら、室内で飼い主さんと引っ張りっこやモッテコイ遊びをしましょう。体力発散になるだけでなく、飼い主さんとの関係も深まります。

ちなみにこのとき、犬におもちゃを渡して「勝手に遊んでいてね」ではダメ!
飼い主さんといっしょに遊ぶことが、愛犬をより満足させるコツですよ。

対策2 置いてけぼりを察してどんより顔をしているとき

↑大好きな家族が出かけてしまうと、さっきまでの元気はどこかに消え、急にうつろな目になってしまうだんぼくん(マルチーズ)。

飼い主さんの外出を察して急にどんよりする犬は多いですよね。
このとき犬は、飼い主さんがいなくなる寂しさや不安からどんよりしてしまうのです。
そのため、出かける間際に犬に「行ってくるね、ごめんね」などと何度も声をかけると、かえって犬の不安をあおってしまい、犬は置いていかれることにますますストレスを感じるようになってしまいます。
出かけるときは無言でサッと出かけるか、「行ってきます」とひと言だけ声をかけるようにしましょう。

また次回からは、外出前にたっぷり散歩へ連れて行ってエネルギーを発散させて!
心地よい疲労感から犬は不安を感じにくくなりますよ。

対策3 同居犬を見てどんより顔をしているとき

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ