無料の会員登録をすると
お気に入りができます

清野菜名主演ドラマ「ハンオシ」高視聴率のカギを握るのは“キュンボタン”?

エンタメ

女優・清野菜名が主演、坂口健太郎が共演する火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)」(TBS系)の第2話が10月26日に放送され、世帯平均視聴率9.9%と初回より0.5ポイントアップした。

有生青春の同名漫画が原作のこのドラマ。27歳のデザイナーで“生涯独身上等、おひとり様最高”のヒロイン・大加戸明葉(清野)と、30歳のサラリーマンで既婚者の肩書きを手に入れたい堅物イケメンの百瀬柊(坂口)が偽装結婚するラブコメディだ。同枠前作の二階堂ふみ主演ドラマ「プロミス・シンデレラ」は全話平均視聴率7.9%と低調に終わったのに比べて今作はまずまずのスタート。2016年10月期に同枠で放送され、大ヒットとなった「逃げ恥」のように回を追うごとに視聴率を上げていく可能性もある。

人気の秘密は、ヒロインを演じる清野菜名の妊娠発表や、ヒロインの相手役を務める坂口が朝ドラ「おかえりモネ」(NHK)でヒロインの恋人役を演じ、「#俺たちの菅波」が話題を集めたことも重要な要因ではあるだろうが、もうひとつ注目を集めている要因があるという。

「それは、番組の公式ホームページに登場した『キュンボタン』。ドラマを見ていて、不意を突かれて胸がキュンとする“ふいキュン”した場面があったら、スマホから『キュンボタン』にアクセス。リアルタイムで見ていないと参加できない仕組みになっていますから、ドラマの視聴率アップに貢献するのではないでしょうか」(芸能ライター)

初回の放送では終了5分前、百瀬が目覚まし時計の音がうるさいという明葉に目覚まし時計の乾電池を渡し、「君に起こしてほしい」と告げる、この場面に約18万キュン。第2話では終了間際、百瀬が素直な気持ちを伝える場面にも約12万キュンが集中。ネット上には「“あなたでよかったです”これぞまさしくふいキュン!」「話聞いてないようでちゃんと聞いてる百瀬さん」など、キュンなポイントに対するコメントが多数書き込まれた。

「キュンボタン」がSNS時代の秘密兵器となるか。

(窪田史朗)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ