無料の会員登録をすると
お気に入りができます

走るよりも痩せる♡「ウォーキング」の正しいやり方教えます!

ダイエットを考えている方におすすめなのが「ウォーキング」です。ランニングなど激しい運動の方が痩せるのでは?と思われがちですが、むしろ歩く方が痩せます。今回は、そんな「ウォーキング」の正しいやり方をご紹介します。

2018年11月
美容

ダイエットするなら「ウォーキング」

走るよりも良いその理由は?

ダイエットをしたいと思っている方におすすめしたいのが「ウォーキング」。歩くだけなら今すぐにも始められそうです。

実はランニングやダッシュなど激しい運動をするよりも、ウォーキングの方が効率的に痩せられます。さらに、正しいフォームで歩くことで運動効率もUPするのです。そこで今回は、ダイエットでウォーキングに取り組むメリットや、正しいフォームについて解説します。

ウォーキングのメリット

走るよりも効率的に“脂肪燃焼”

人は生きるためにエネルギーを消費しています。そのエネルギーの素となるのが糖質と脂質です。まったりくつろいでいるときは、主に脂質をエネルギー源として消費しています。

ウォーキングをすると、脂質をエネルギー源に使う割合は安静時よりも減りますが、そのぶん糖質をエネルギー源として使います。そのため、脂質と糖質を両方エネルギーとして消費するので、脂肪燃焼しやすくなるのです。

これがランニングやダッシュなど激しい運動になると、脂質をエネルギー源に使う割合がさらに減り、脂肪燃焼効率がウォーキングを下回ってしまいます。驚きかもしれませんが、1番効率良く脂肪を燃焼させられる運動はウォーキングなのです。

背筋を伸ばして“姿勢”が良くなる

背筋を伸ばした状態が、ウォーキングの正しいフォームです。常に良い姿勢でいることを意識して歩くので、それを維持する筋肉がつくのです。ウォーキングが習慣化されると、普段の姿勢も自然と良くなります。

正しいフォームで“美脚”に近づく

正しいフォームでのウォーキングを身につけると、脚の筋肉がバランス良くついて引き締まります。また、全身を動かすことや足の裏に刺激を与えることで血行が良くなり、むくみにくくもなるのです。

“便秘解消”にも良いらしい

記事に関するお問い合わせ