無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12星座別![2021年11月占い]「運気がグッと良くなる」のは誰?

占い

クリスマスの予定が気になり始める11月。何となく焦りを感じるかもしれませんが、場当たり的に動くより、運気を見て計画を立てたほうが何かと上手くいきやすいはず。そこで今回は12星座別の恋愛運から、残りの2021年を彩る恋のゆくえをご紹介します。

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

自分から動くことが大切な月です。恋愛よりも仕事やお金に意識が向きやすく、何もしなければ時間だけが過ぎてしまいそう。

フリーの人はクリスマスに向けて計画的に動いたほうがいいですし、好きな人がいないなら出会いが期待できる場へ自分からアクセスすることが大切です。

今月は周りの声に耳を傾けてみて。友人のアドバイスに従ったら思いどおりの展開が実現するかもしれません。
「いい人がいるから紹介したい」という提案も、前向きに受け止めると新しい恋につながりそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

交際中の人は、好きな人との関係を周りがどう見るかを考えたい月です。あまりオープンにしたくないのなら、普段よりも控えめな振る舞いを心がけて。SNSの投稿から意図しないバレ方をする可能性もありそう。

一方、周囲も公認のお付き合いをしたいなら恋人を紹介するのに良いタイミングです。
今月は関係を深めたり、縁を結んだりすることに対して運気の後押しが期待できます。

片思い中の人も出会いを探している人も、「こんな恋がしたい」という理想を明確にしておきましょう。
頭の中で具体的にシミュレーションをすることで、チャンスを引き寄せやすくなります。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

恋の種まきをするなら5日までに。好きな人を誘うとか、マッチングアプリで自分から『いいね』を送るなど、できるだけキッカケ作りをしておきましょう。

月半ばは何かと忙しく、考えたいことも出てきて恋愛にそれほど集中できないかもしれません。
ただ、22日をすぎれば恋愛運が上向きに。

主体性を持って恋を進めるスタンスが、進展につながるでしょう。モテテクやノウハウにとらわれず自分らしさを大切に。良い流れが作れるはずです。
月初にまいた種が芽を出して、うれしい展開になる可能性もあります。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

月初は恋に新しい展開が訪れそうです。周囲が何を言っても、自分の気持ちと価値観を大切にしましょう。

フリーの人は友人や上司から誰か紹介されるかもしれませんが、「付き合わなきゃいけない」と決めつけないように。自分の心に素直に従うのが正解です。

好きな人がいるなら、ラブラブムードが楽しめる月です。二人で過ごす時間を大切に。
友だち以上恋人未満の関係は、一歩踏み込むのに良いタイミング。大胆なアプローチが功を奏するでしょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

恋愛運が落ち着いていく月です。交際中の人は穏やかにお付き合いが続くでしょうが、フリーの人はチャンスをつかみにくくなりそう。

アプローチや告白をするなら月初のうちに。今月はロケットスタートが切れるかどうかで恋のゆくえが変わるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ