無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[11/8〜11/14の運勢]11月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

松尾芭蕉が仲間たちと詠んだ俳諧「冬の日」の出だしは、「狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉」という発句から始まり、それに続いて「狂句こがらし」をテーマに一門が順番に詠んでいったのですが、とにかくこの出だしがカッコいいのです。

「竹斎」とは江戸時代初頭の仮名草子の主人公で、やぶ医者のこと。それで京都で失敗して、東海道を行脚しながら江戸に下ってくるのですが、そのときに各地でしゃれや風刺をきかせた狂歌(短歌)を詠んでいる。いわば芭蕉の先輩にあたるのですが、芭蕉はここでその竹斎に自分を重ねているんですね。

そもそも俳諧というのは、雅な和歌では絶対にしない表現をしていくものですが、芭蕉はここで日本文化の根底にある和歌に風穴をあけやるぜ、という決意表明をしている訳です。もし現代語訳するなら「北風ピューピュー吹いてる中、竹斎みたいにやってきたぜ。旋風を起こしていくからよろしくな!」ってなところではないでしょうか。あなたもまた、厳しい「冬」の時代にあえてかましていく挨拶を考え、そこに自身を賭けてみてはいかがでしょうか。

続きはこちらから

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

繋がり直せば、豊かさはそこに

今週のやぎ座は、いつの間にか失っていた心地よい余韻を取り戻していくような星回り。

「女湯もひとりの音の山の秋」(皆吉爽雨)で詠まれているのは、ただ一人温泉の静けさに浸っていると、壁ひとつ隔てた女湯の方でも、こちらと同じくただ一人らしい湯を汲む音や、桶の音がかすかに聞こえる、そんな情景。

そうして浴場内を反響していく音は、作者の脳裏に女体を描かしめただけでなく、また山ちかくの温泉の静けさをも深めたのでしょう。これは「ひとりの音の」の最後の「の」がじつに巧みにきいた効果で、それまでの一人ずつの情景を「山の秋」と並列につなげていくことで、そこにさらに情趣を含ませ、どこか心地よい余韻をのこしえている訳です。しかし、いまの日本社会では日々の生活や人間関係から、こうした心地よい余韻というものを感じることがどんどん少なくなっているように思います。

それは自分優位か相手優位に偏り過ぎてしまっていて、そのあいだに「山の秋」のようなそのときどきに自然にもたらされる偶然や人間以外のことに関するリアリティの余白に、人びとの目が行かなくなってしまっているということと、表裏にあるのでは。あなたも、身の周りに秘かにたたずんでいる偶然や余白にしみじみと浸ってみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

変容への許可

今週のみずがめ座は、自分のすむ世界をもう前の世界ではないものへと変更させていく潜在的な力を解放していくような星回り。

美術史家のメイヤー・シャピロは、ポール・セザンヌの描いた静物が単なる造形的意義を超えた特別な意味を持っているとして、「静物は、人工的にせよ自然なものにせよ、使用、処理、享受の要素として人間に従属する物体からなっている。(略)それらは人間がそれらを作り、利用するとき事物に及ぼす力についての人間の感じ方を伝達する。」(「セザンヌのりんご」)と、言及しています。

つまり、セザンヌにとって林檎などの静物はそれを観察する主体に対してただ受動的に置かれているのではなく、能動的に働きかける力を持っており、実際彼は知り合いの美術家に「林檎一個でパリを驚かせてやりたい」と語っていたのだとか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ