無料の会員登録をすると
お気に入りができます

贈り物にも♡「12月の誕生花」11~20日編

季節はもう12月。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントとして花を贈りませんか?それならその日にちなんだ「12月の誕生花」はいかがでしょうか?今回は12月11日~20日の誕生花をご紹介します。

2018年12月
ライフスタイル

12月の誕生花が知りたい♡

11~20日までチェック

いくつになっても花を贈られるのはうれしいことですよね。そこでおすすめなのが日付に合わせた誕生花。贈り物を選ぶときの参考にもなりますし、自分への祝福として贈るのも良いでしょう。そこで、「12月の誕生花」についてご紹介します。今回は11~20日編です。

誕生花、花言葉については下記のサイトを参考にご紹介しています。気になった方は、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

日比谷花壇 365日の誕生花・花言葉
イイハナ・ドットコム 花言葉辞典

12月11日

ホーリー

ホーリーはモチノキ科の植物の総称。12月ではクリスマスホーリーなどが有名で、冬にはとげとげとした葉に真っ赤な実がなります。花言葉は「不滅の輝き」。今輝いている人に贈りたい花です。

カランコエ

小さな花がいくつも咲き誇るカランコエ。花色は赤やピンク、オレンジ、白、黄色があります。花言葉はたくさんあり、「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」など。

花がベル=鐘のような形をしていることから「幸福を告げる」という意味があったり、小さな花から連想して「たくさんの小さな思い出」という意味になったようです。大切な人へ深い愛情を伝えたいときに贈りましょう。

12月12日

ハナキリン

ハナキリンは棘だらけの茎にぷっくりと丸い花が咲きます。漢字で書くと「花麒麟」で、サボテンのモクキリン(木麒麟)に似ていることから名付けられたそうです。

花が唇のように見えることから「早くキスして」という花言葉や、棘だらけの中に花を咲かせることから「逆境に耐える」という花言葉もあります。いろんな人に贈ることができそうな花ですね。

ゲイソリーザ

深い色味と吸い込まれそうな色味が特徴的なゲイソリーザ。ゲイソリザとも呼ばれます。花色は紫や青、赤、ピンク、白、クリーム色、黄色などたくさんあります。

花言葉は「心弾む知らせ」。何か素敵なことを知らせたいときに、ゲイソリーザを添えてはいかがでしょうか。

ムラサキハナナ

淡い紫色が美しいムラサキハナナ。よく見かけるのは黄色のハナナ(菜の花)ですが、紫色なのでムラサキハナナと言います。オオアラセイトウとも呼ばれています。

花言葉は「熱狂」。熱中してしまうほど何かに夢中になっている方に贈るのはいかがでしょうか。

12月13日

シルバーレース

シルバーレースという名前の通り、ほんのり銀色の葉が雪の結晶のような形をしており、銀色のレースのように見える植物です。初夏には花芯が黄色で花びらが白い、かわいらしい花が咲きます。

花言葉は「あなたを支える」。大切な人に寄り添っていこうという気持ちを伝えたいとき、シルバーレースの葉や花を贈ってはいかがでしょうか。

デンドロビウム

小さく華やかな花をたくさん咲かせるデンドロビウム。デンドロビュームとも呼ばれます。品種改良により、ノビル系やキンギアナム系など、さまざまな種類があります。花色はピンクや白、オレンジ、黄色、緑など。

花言葉は「わがまま美人」とちょっと不名誉かもしれません。もう一つが「天性の華を持つ」。あまりにも華があり、わがままを聞いてしまいたくなるほど美人という、ある意味での褒め言葉なのかもしれません。

12月14日

マツ

日本でも縁起が良いとされてなじみ深いマツ(松)。春には花を咲かせます。花言葉はマツが長命なことにちなんで「不老長寿」。他にも「哀れみ」「同情」の花言葉があります。

また英語では「hope=希望」という花言葉も。長生きしてほしいという気持ちや、人を慈しむ優しさのある人、いろんな希望を込めて贈るのにぴったりです。

サイネリア(紫)

サイネリアはシネラリアとも呼び、丸く色鮮やかで美しい花です。花色はさまざまありますが、12月14日の誕生花としては紫色に限定することもあります。

そんな紫色のサイネリアの花言葉は「悩める思い出」。大変だったことを乗り越えてきたり、恋に悩んだ淡い記憶を思い出させてくれる花なのかもしれません。

12月15日

モンステラ

穴が開いたような不思議な葉の形をしているモンステラ。ハワイを代表する植物でもり、インテリアの柄やデザインなどモチーフとして見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。観葉植物としても人気です。

花言葉は「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」。良いことが訪れるのを期待して、自宅に飾るのもおすすめです。

ジンチョウゲ

香り高い小さな花がたくさんついたジンチョウゲ。実は花びらのように見えるのは、花を支える“がく”で花びら状に変化しています。花色は白やピンク、黄色があります。

花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「永遠」など。一年を通じて緑の葉をつけることから、「永遠」にちなんだ意味が多く見られます。

12月16日

ストレリチア

和名では極楽鳥花と呼ばれるストレリチア。花が風鳥(別名:極楽鳥)に似ていることから名付けられました。極楽鳥は英語では「Bird of Paradise」と呼び、ストレリチアの英語名もBird of Paradiseと言います。

たしかに南国の鳥のように色鮮やかでぱっと目に留まるような姿をしていますよね。花言葉は「気取った恋」「恋する伊達者」「おしゃれな恋」。南国風なストレリチアのエキゾチックにちなんだ意味なのかもしれません。

アルストロメリア(葉)

花びらの斑点模様がエキゾチックなアルストロメリア。花色の種類も豊富で、フラワーアレンジメントなどでも使用されます。

12月16日の花言葉はそのアルストロメリアの葉に限定しています。根元で180度ねじれているのが特徴です。花言葉は「持続」「挑戦」。新たなことに取り組む人に想いを込めて贈りたいですね。

12月17日

フリージア

慎ましやかな佇まいが美しい春の花、フリージア。心地良い香りでも人気が高い花です。花言葉は「あどけなさ」「純潔」「親愛の情」。原生は黄色と白ですが品種改良によりさまざまな色があり、色別にも花言葉があります。

黄色は「無邪気」、白は「あどけなさ」、赤は「純潔」、紫は「憧れ」。英語の花言葉では「friendship=友情」「trust=信頼」。親しい女性へ贈るのに、その人にあったイメージの色を選ぶと喜ばれそうです。

シーマニア

細長くベルのような不思議な形をした花のシーマニア。花色はオレンジや朱色、赤があります。

花言葉はシーマニアが長い期間花を咲かせ続けることから「繁栄」、花同士がおしゃべりしているように見えるので「コミュニケーション」などの意味があります。仕事場へのプレゼントとして持っていけば、これからの発展が期待できそうですね。

キルタンサス

45~50種と種類が多く、さまざまな花の形や咲き方をするキルタンサス。最も一般的なのが、こちらの写真のように筒状で花が咲く部分がラッパのようなマッケニータイプです。

花言葉は「ロマンティック」。ドキドキとするような気持ちに思いを馳せるときには、ぴったりな花ですね。

12月18日

ビオラ

ビオラとはパンジーの学名で、小輪のパンジーのことをビオラと呼ぶこともあります。最近は品種改良でさまざまな種類があるので、ビオラとパンジーの区別がつかないのだとか。

花言葉は「誠実」「信頼」「忠実」「少女の恋」。小さな花に宿る美しさが誠実であるように、まっすぐな思いを持つ人へ贈りませんか?

サイネリア(白)

12月14日の誕生花としてもご紹介したサイネリアですが、白色は12月18日の誕生花とされることもあります。花言葉は「望みある悩み」。今悩んでいても、きっと道は開ける、そう思いたいときに部屋に飾ってはいかが?

12月19日

ベゴニア(ピンク)

花びらが何枚にも重なり、まるでバラのように豪華絢爛。でもどこかあどけなさも感じられるベゴニア。さまざまな色がありますが、12月19日の誕生花はピンクに限定されています。

花言葉は「愛の告白」。歪んだハート型のような葉の形が「片思い」を意味していることからも、想いを伝える花言葉なのかもしれません。気持ちを伝えたいときに、ピンクのベコニアに勇気をもらいましょう。

オモト

オモトは中合名で「万年青」と呼び、日本原産の伝統的な多年草です。掛け合わせにより葉の形や模様、大きさが異なり、その美しさから観葉植物として古くから親しまれています。葉や模様にはそれぞれ名前も付けられています。

Photo by 石川 Shihchuan

花言葉は「長命」。自分にとって大切な人であれば、どんな人でも長生きしてもらいたいですよね。そんな思いを込めて飾ったり贈ったりするのは素敵かも。

12月20日

ツルウメモドキ

ツル植物で、葉の形が梅に似ていることから、ツルウメモドキと名付けられました。赤い実と黄色い仮種皮のコントラストが美しく、生け花としてもよく使われます。冬でもほっこりとした気持ちになれるような暖色です。

花言葉は「開運」。運気を上げたい方は部屋に飾ってみても良いかもしれませんね。

セントポーリア

花の形も色も、葉や草の形もさまざまあるセントポーリア。大きくても15cmほど、小さいもので3cmなど、小さい花という特徴があります。スミレに似ていることから、アフリカスミレとも呼ばれています。

花言葉は「こまやかな愛」「深窓の美女」。まるでおとぎ話の中に登場する小さなお姫様のよう。かわいらしい魅力を楽しみたい方は、セントポーリアを育ててみてはいかがでしょうか。

美しい花と思いが伝わりますように

それぞれの日付に合わせた花には、素敵な意味がたくさんあります。誕生日や記念日など、特別な日に想いを込めて、誕生花を贈りませんか?

1年の感謝を込めて贈りたい♡「12月の誕生花」1~10日編

生まれた日に合わせて、それぞれ誕生花があることをご存じですか?それぞれの誕生花には花言葉もあります。そこで、12月の誕生花についてご紹介します。今回は1~10日編です。
303
記事に関するお問い合わせ