無料の会員登録をすると
お気に入りができます

贈り物にも♡「12月の誕生花」11~20日編

季節はもう12月。自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントとして花を贈りませんか?それならその日にちなんだ「12月の誕生花」はいかがでしょうか?今回は12月11日~20日の誕生花をご紹介します。

2018年12月
ライフスタイル

12月の誕生花が知りたい♡

11~20日までチェック

いくつになっても花を贈られるのはうれしいことですよね。そこでおすすめなのが日付に合わせた誕生花。贈り物を選ぶときの参考にもなりますし、自分への祝福として贈るのも良いでしょう。そこで、「12月の誕生花」についてご紹介します。今回は11~20日編です。

誕生花、花言葉については下記のサイトを参考にご紹介しています。気になった方は、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

日比谷花壇 365日の誕生花・花言葉
イイハナ・ドットコム 花言葉辞典

12月11日

ホーリー

ホーリーはモチノキ科の植物の総称。12月ではクリスマスホーリーなどが有名で、冬にはとげとげとした葉に真っ赤な実がなります。花言葉は「不滅の輝き」。今輝いている人に贈りたい花です。

カランコエ

小さな花がいくつも咲き誇るカランコエ。花色は赤やピンク、オレンジ、白、黄色があります。花言葉はたくさんあり、「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」など。

花がベル=鐘のような形をしていることから「幸福を告げる」という意味があったり、小さな花から連想して「たくさんの小さな思い出」という意味になったようです。大切な人へ深い愛情を伝えたいときに贈りましょう。

12月12日

ハナキリン

ハナキリンは棘だらけの茎にぷっくりと丸い花が咲きます。漢字で書くと「花麒麟」で、サボテンのモクキリン(木麒麟)に似ていることから名付けられたそうです。

花が唇のように見えることから「早くキスして」という花言葉や、棘だらけの中に花を咲かせることから「逆境に耐える」という花言葉もあります。いろんな人に贈ることができそうな花ですね。

記事に関するお問い合わせ