無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこからがアウト?浮気のボーダーライン見極めチェック

恋人に対して「それ浮気じゃない?」と思ってしまったり、逆に浮気を疑われてしまったり。大好きだからこそ、不安になってしまうことがあります。そこで今回は、浮気を疑われてしまうような行動のボーダーラインをご紹介します。

2018年11月
恋愛・結婚

これって浮気?

ボーダーラインは人によって違う

恋人の行動に対して「それって浮気じゃないの?」と思ってしまうことはありませんか。逆に、自分の行動に対して恋人が「それ浮気でしょ」と感じてしまうこともあるかもしれません。

浮気のボーダーラインは人によって違います。そこで、人それぞれ違う浮気のボーダーラインを段階別にご紹介します。

浮気を疑われるような行動

必要以上に連絡を取る

仕事なら理解できても、それとは関係のない異性と頻繁に連絡を取り合っていると、恋人はもやもやするでしょう。こういうちょっとした交流から恋愛感情は生まれるものだと、浮気につながる可能性を感じてしまうのかもしれません。

なかには相手からの返信が来るから仕方なく返していたり、意味もないような内容のやりとりだったり、深く考えていない人もいます。全てが浮気につながるとは言えない行動ですが、パートナーを不安にさせないように気をつけたいところです。

二人きりで遊ぶ

恋人以外と二人きりで遊ぶというのも、「それはナシ」と考える人も多い行動です。もし誘うなら恋人を誘えば良いし、関係を進めたいと思う相手でなければ二人きりでいようと思わないだろう、と考えるからでしょう。

なかには仕事関係で仲良くなっておきたいと二人きりで食事に行ったり、友達として二人きりでショッピングや遊びに行ったりする人もいます。考え方や交友関係の広さにもよるので、一概に全てが浮気とは言い切れないのかもしれません。

ですが、仕事ならまだしもプライベートでの“二人きり”というのは、恋人につらい思いをさせてしまうかもしれません。特に二人になる必要がないのなら、別の友達も交えて複数人で遊んだ方が、恋人が心配することもないでしょう。

異性を交えた旅行

男同士、女同士の旅行は構わなくても、異性を交えた泊まりは多くの人が嫌がります。恋人のことを恋愛対象として見る可能性がある人と、わざわざ旅行に行ってほしくないと感じるようです。

旅行も気にしない、自分も行くという人は、本当にやましい気持ちがないのでしょう。あくまで友達だから。しかし、一緒に旅行に行く相手はどうでしょう?

記事に関するお問い合わせ