無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこからがアウト?浮気のボーダーライン見極めチェック

恋人に対して「それ浮気じゃない?」と思ってしまったり、逆に浮気を疑われてしまったり。大好きだからこそ、不安になってしまうことがあります。そこで今回は、浮気を疑われてしまうような行動のボーダーラインをご紹介します。

2018年11月
恋愛・結婚

あるいはやましい気持ちがあっても、「そんなことないよ」と隠しているだけなのかもしれません。どちらにしろ恋人からは「なんで?」と思われてしまいます。わざわざ悲しい思いをさせる必要はないでしょう。

異性へのプレゼント

プレゼントにはお金を使うため、強い思いがないとしないのではと思われます。恋人としては浮気の始まりかと思ってしまうのも仕方ありません。仕事関係の人へのプレゼントだとしても、それが異性と知ればもやもやするのが本音です。

Photo by Kira auf der Heide / Unsplash

例えば、相手にふさわしいプレゼントを考えてものすごく悩んでいたり、自分はもらったことがないような高価な品だったりすると、相手への思い入れが強いと感じられます。恋人にとって自分の存在がさほど大切でないと思わせてしまうことも。

やましい気持ちがないのなら、自分だけでなく誰かと一緒に贈ったり、はっきりと恋人に「~~でお世話になった人だから」と説明しましょう。その分、恋人にも日頃の感謝を込めてプレゼントするのも良いです。

これってやましい気持ちの表れ?

連絡や関係を隠そうとする

異性との連絡や食事は気にしないけれど、隠されるのが嫌だという人もいます。隠そうとするということは、恋人に対して後ろめたい気持ちがあるからだと。

もしかすると恋人へのサプライズや仕事での機密事項など、隠さなければいけない理由があるのかも。それなら本当のことを話して、「だから隠してたよ」と説明すれば良いのです。こそこそとしすぎないようにしましょう。

恋人以外の用事を優先

恋人と会おうとしたら断られたり、約束をドタキャンされたり。理由を探ってみたら、別の人の約束を優先していたことが発覚。それが元恋人や異性の友達との用事だとしたら、恋人としては大ショックです。

恋人の心の中で優先順位が変わり、自分がすっぽかされるようになったなら、もう気持ちが離れているのかもしれません。相手が無意識にやっているなら、言えばわかってもらえる可能性もあります。しかし、気持ちが離れているのであれば、取り戻すのは難しいかもしれません。

これをやっちゃうと確実に浮気

手をつなぐ

記事に関するお問い合わせ