無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこからがアウト?浮気のボーダーライン見極めチェック

恋人に対して「それ浮気じゃない?」と思ってしまったり、逆に浮気を疑われてしまったり。大好きだからこそ、不安になってしまうことがあります。そこで今回は、浮気を疑われてしまうような行動のボーダーラインをご紹介します。

2018年11月
恋愛・結婚

これって浮気?

ボーダーラインは人によって違う

恋人の行動に対して「それって浮気じゃないの?」と思ってしまうことはありませんか。逆に、自分の行動に対して恋人が「それ浮気でしょ」と感じてしまうこともあるかもしれません。

浮気のボーダーラインは人によって違います。そこで、人それぞれ違う浮気のボーダーラインを段階別にご紹介します。

浮気を疑われるような行動

必要以上に連絡を取る

仕事なら理解できても、それとは関係のない異性と頻繁に連絡を取り合っていると、恋人はもやもやするでしょう。こういうちょっとした交流から恋愛感情は生まれるものだと、浮気につながる可能性を感じてしまうのかもしれません。

なかには相手からの返信が来るから仕方なく返していたり、意味もないような内容のやりとりだったり、深く考えていない人もいます。全てが浮気につながるとは言えない行動ですが、パートナーを不安にさせないように気をつけたいところです。

二人きりで遊ぶ

恋人以外と二人きりで遊ぶというのも、「それはナシ」と考える人も多い行動です。もし誘うなら恋人を誘えば良いし、関係を進めたいと思う相手でなければ二人きりでいようと思わないだろう、と考えるからでしょう。

なかには仕事関係で仲良くなっておきたいと二人きりで食事に行ったり、友達として二人きりでショッピングや遊びに行ったりする人もいます。考え方や交友関係の広さにもよるので、一概に全てが浮気とは言い切れないのかもしれません。

ですが、仕事ならまだしもプライベートでの“二人きり”というのは、恋人につらい思いをさせてしまうかもしれません。特に二人になる必要がないのなら、別の友達も交えて複数人で遊んだ方が、恋人が心配することもないでしょう。

異性を交えた旅行

男同士、女同士の旅行は構わなくても、異性を交えた泊まりは多くの人が嫌がります。恋人のことを恋愛対象として見る可能性がある人と、わざわざ旅行に行ってほしくないと感じるようです。

旅行も気にしない、自分も行くという人は、本当にやましい気持ちがないのでしょう。あくまで友達だから。しかし、一緒に旅行に行く相手はどうでしょう?

あるいはやましい気持ちがあっても、「そんなことないよ」と隠しているだけなのかもしれません。どちらにしろ恋人からは「なんで?」と思われてしまいます。わざわざ悲しい思いをさせる必要はないでしょう。

異性へのプレゼント

プレゼントにはお金を使うため、強い思いがないとしないのではと思われます。恋人としては浮気の始まりかと思ってしまうのも仕方ありません。仕事関係の人へのプレゼントだとしても、それが異性と知ればもやもやするのが本音です。

Photo by Kira auf der Heide / Unsplash

例えば、相手にふさわしいプレゼントを考えてものすごく悩んでいたり、自分はもらったことがないような高価な品だったりすると、相手への思い入れが強いと感じられます。恋人にとって自分の存在がさほど大切でないと思わせてしまうことも。

やましい気持ちがないのなら、自分だけでなく誰かと一緒に贈ったり、はっきりと恋人に「~~でお世話になった人だから」と説明しましょう。その分、恋人にも日頃の感謝を込めてプレゼントするのも良いです。

これってやましい気持ちの表れ?

連絡や関係を隠そうとする

異性との連絡や食事は気にしないけれど、隠されるのが嫌だという人もいます。隠そうとするということは、恋人に対して後ろめたい気持ちがあるからだと。

もしかすると恋人へのサプライズや仕事での機密事項など、隠さなければいけない理由があるのかも。それなら本当のことを話して、「だから隠してたよ」と説明すれば良いのです。こそこそとしすぎないようにしましょう。

恋人以外の用事を優先

恋人と会おうとしたら断られたり、約束をドタキャンされたり。理由を探ってみたら、別の人の約束を優先していたことが発覚。それが元恋人や異性の友達との用事だとしたら、恋人としては大ショックです。

恋人の心の中で優先順位が変わり、自分がすっぽかされるようになったなら、もう気持ちが離れているのかもしれません。相手が無意識にやっているなら、言えばわかってもらえる可能性もあります。しかし、気持ちが離れているのであれば、取り戻すのは難しいかもしれません。

これをやっちゃうと確実に浮気

手をつなぐ

手をつなぐ理由は、心が「好き」に傾いているからです。恋人以外と手をつないでいるならアウト。「何もしてない」と言う人もいるかもしれませんが、これから「何かする」でしょう?

ハグなどのスキンシップ

必要以上に触れ合うのもアウト。何も思っていない人とハグしたり、寄り添ったり、肩に頭を置いたり、触れそうなほど近づいたりするとは考えにくいです。

ただ、なかには親愛の意味でハグやハイタッチをしたり、相手との距離が違い人もいます。そのような行動は異性を勘違いさせたり恋人を不安にさせたりする可能性があることを理解して、気をつけたいところ。無論、先の関係も見据えたスキンシップはアウトです。

キス

キスをするのは完璧に気持ちが動いてしまっています。恋愛感情や欲情がなければ、そんなことはしません。そんな状態は言わずもがな「浮気」です。

ときには「そういう雰囲気になっちゃって」と言い訳をする人もいます。でも、そういう雰囲気になれば誰とでもキスする人と一緒にいて幸せでしょうか。その場しのぎの言い訳にだまされず、自分を大切にしてくれない相手からは離れましょう。

オトナの関係

一発アウトは、やはり体の関係を持つことです。なかには「本能的に」とか「流されて」なんて言い訳する人もいます。「寂しくて」と恋人に理由があったと言い出す人もいるかもしれません。

しかし、恋人に理由があるのなら、恋人と向き合えば良いだけです。誰かに体を委ねても解決はしません。それは自分の気持ちを優先して、浮気した正当性を見つけたいだけなのです。

自分の気持ちだけで、恋人を傷つけても良いと思ってしまっています。そういう人と一緒にいる必要があるのか、よく考えてみましょう。

実はもっと初期からアウトだった

気持ちが動いたら

「好き」と思ったり、やましい気持ちが出たら、もう浮気だと考える人もいます。具体的な行動に移さなくても、気持ちが揺れた時点ですでにアウトということです。体の浮気も許せないけれど、心の浮気が許せないと感じる人も多いです。

なぜなら、事実上は恋人のままでも、精神的には自分たちの関係はもう終わっているから。一度感じてしまった思いは、なかったことにはできません。

なので、「もし私以外の人に気持ちが動いたら、浮気するより先に言って」と話しておいた方が良いでしょう。傷つくのは同じですが、行動を伴った浮気よりはショックを受けずに済むかもしれませんし、もっと早く別の素敵な相手に出会えるかもしれません。

相手を思い行動しましょう

浮気のボーダーラインは色々あります。人によって考えが違うので、自分が浮気だと思っても相手は思っていなかったり、その逆もあるでしょう。

大切なのは相手がどう思うのか。自分が同じことをされたらどう感じるのか。そう考えれば、わざわざ相手を傷つけることはしないはずです。浮気のボーダーラインを共有して、相手を思いやる行動を心がけましょう。

記事に関するお問い合わせ