無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識するだけで近づける♡「心身共に美しい人」になるための12か条

「あの人きれいだよね」と言われる人の多くは、日々の生活の中でいくつか心がけていることがあります。ただ意識して、できるだけ心がけるだけで少しずつ内面・外面ともに変化が生まれる秘訣とは?

2018年11月
ライフスタイル

「美しい人」が心がけていること

男女ともに好かれ、注目を浴びる人にはある共通点がいくつかあります。生まれ持った容姿や資質も関係なくはありませんが、魅力的な女性の多くは、日々気負いなく自分を磨く努力をしている方がほとんどです。

何事も「やらなくちゃ」と思うと逆に続行が難しくなりますよね。それなら、ただ意識するところからはじめてみませんか?内面、外面ともに美しくなるための12か条をご紹介します。

1.朝起きたら朝日を浴びて白湯を飲む

目が覚めて最初に朝日を浴びることで、体内時計がリセットされ、脳にセロトニンが分泌されることでストレスが生まれにくい体質を作ってくれます。そして朝一の白湯は、体の老廃物の排出を助けてくれます。

2.体が重い時はスムージーに「置き換え」

食事は1日のエネルギーを補給する大切な存在です。でも、食べ過ぎたりしてちょっぴり体が重く感じる時は、1日のうちの1~2食を野菜やフルーツをたっぷり使ったスムージーに置き換えてみましょう。

3.1日1回は必ず鏡で全身チェック

Photo by Ladislav Bona / Unsplash

メイクをする為に鏡は見ても、全身を見る方はそんなに多くはありません。コーデを考えたあとに全身バランスをみたり、バスタイムのあとに体系をチェックしてみたり。全身が映る鏡をお部屋に置いておくと、美意識が高まります。

4.歩く習慣を身につける

www.pexels.com

人は楽な方法に頼りがちになる傾向があります。でも、ちょっとした距離なら交通機関を使わずたまには歩いてみませんか?「ちょっときつい」と思うくらいの速さで20~30分歩けば、有酸素運動で脂肪燃焼につながります。

5.階段を使う

駅やショッピングモールの中、オフィスなど、私たちの生活の中には多くの階段が存在しています。階段の上り下りは下半身の筋肉を強化してくれて新陳代謝のアップにつながるので、ジムに行っている感覚でどんどん使いましょう。

記事に関するお問い合わせ