無料の会員登録をすると
お気に入りができます

不調の要因は“冷え”!? 体の不調を招かない「足先」「お腹」を温める習慣

美容

女性にとって天敵とも言われる「冷え」。手先や足先が冷たい、体がだるくてすっきりしないと感じるのは冷えが原因かも。今回は、体の不調を招かないためにエステティシャンである筆者も実践している温め習慣法についてご紹介します。

冷えを招く原因は日々の生活の中にひそんでいる

気温が低下する秋冬は「手先や足先が冷たくなる」「体の芯から冷えきったように感じる」「お腹をくだしやすい」など「冷え」を感じる人も多いのではないでしょうか。

冷えを招く原因は、「気温の低下による冷え」「薄着による冷え」「運動不足によって筋力が低下し、血液循環が悪くなることで感じる冷え」が代表的です。

私たちの体は、心臓がポンプの役割となって全身に血液をめぐらせていて、下半身は太ももやふくらはぎの筋肉が活発に動くことでよりめぐりを高めています。

特に「足先」は心臓からいちばん遠い場所にあり細い血管も多いため、「外からの冷え」と「筋力の低下」によって末端まで血液が行き渡りにくくなることで「足先の冷え」を感じます。

夏の間に冷たい食べものや飲みものを多くとっていた、体を冷やす食材を多くとっていると「中からの冷え」によって、胃やそのほかの内臓、腸の働きが悪くなります。
秋冬になり気温が低下する、薄着による外からの冷えによって、お腹をくだしやすい、脂肪がつきやすく太りやすくなった、体調がすっきりしないと感じやすくなります。
「冷え」を招かないためには、外と内からの冷え対策を行い、特に「足先」と「お腹周り」を冷やさないようにすることが大切です。

「足先」「お腹周り」を冷やさないための温め習慣

冷やさない工夫として、「靴下をはく」「お腹や腰周りを冷やさないように薄着しない」「お風呂で温める」「マッサージやストレッチなどの軽めの運動をする」などが代表的ですね。エステティシャンである私が冷え対策として行っている習慣についてご紹介します。

【足先を冷やさないための温め習慣】

お風呂に入る前やお風呂上がりにストレッチ&足裏マッサージをする
ひざ裏を伸ばし、足先をつかみストレッチをしましょう。太もも、ふくらはぎの筋肉が伸びて血行促進をサポートします。

足首を前後に動かしたり、くるくる回してふくらはぎの筋肉を動かす。

靴下や靴の圧迫、歩き方によって足の指が縮こまっていませんか? 末端まで血行の流れを高めるために、指と指をからませて開いたり、指先を持って縮こまった指を伸ばしましょう。

足裏には全身の位置関係と似たようなツボが密集しています。

足裏の土ふまずあたりに「内臓系」、指のつけ根に「肩周り」「リンパ」「目や耳」のツボがあるのでその辺りをしっかりほぐし代謝を高めましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ