無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『「鬼滅の刃 」天空への願いTOKYO SKYTREE®』に行くならばお得なチケット利用&夜がおすすめ!

旅行・おでかけ

大人気アニメ「鬼滅の刃」の新シーズンの放送が始まりました。地上波では日曜の深夜帯に放送されるアニメですが、同時にAmazon PrimeやHuluなどサブスクリプションサービスでの提供も始まっているため、好きな時間に楽しめるのだからいい時代ですよね。

ちょっと怖い設定が子どもにはどうなのかな? と思われる方も多いでしょうが、振り返ってみるとどんな時代にも少し怖い設定のアニメは身近にあり、実写作品よりも現実感がない分お話として受け入れやすいのではないでしょうか。

テレビアニメスタートのタイミングで始まったのが、東京スカイツリーでのコラボイベント『「鬼滅の刃」天空への願いTOKYO SKYTREE』 。2021年10月21日(木)~2022年1月20日(木)の期間中、「鬼滅の刃」の世界観を体感できるイベントで人気となっています。

東京スカイツリーという360度開かれたスペースでのイベントならではなのが、外の光が展示の見え方が変わる点。こちらのイベントは、ぜひ暗くなる時間帯に訪れるのをおすすめします。

スカイツリーのエレベーターを昇って最初に出合える天望デッキのフォトスポット。

東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃん。禰󠄀豆子をイメージした特別コスチュームを着て、天望デッキにてお出迎えしてくれます。

夜がおすすめな理由その1:天望デッキの 「SKYTREE ROUND THEATER」 での上映は夜だけ!

子どもにとって、夜のおでかけはドキドキする経験。とくに「鬼滅の刃」のストーリーが理解できる年齢ならば、夜にしか鬼が出ないことや、主人公・竈門炭治郎の妹、禰󠄀豆子は鬼になってしまっているため夜にしか自由に動けないことも知っています。そう、鬼滅の刃の主な舞台は夜なのです。

いまは寒い時期で、日が落ちるのも早いため、18時頃には日は落ちており、高い場所からの車のライトやビルの灯りもきれいに見えるはず。実際取材時にも子ども連れの方が18時台にたくさん訪れていました。

展示は天望デッキとさらに上の天望回廊の2箇所であり、天望デッキだけでは入場料(前売り)は大人1800円、天望デッキ+天望回廊では2700円となっています。

そしてまだチケットを購入していない方で、東京メトロと都営地下鉄を利用して行く予定の方におすすめしたいのが、2021年11月1日から発売された東京都交通局が発行する旅行者向け企画乗車券「Tokyo Subway Ticket」と、東京スカイツリー展望台(天望デッキ・天望回廊)の入場チケットのセットを購入して、予約するテクニック。実はこれまでは首都圏在住者は 「Tokyo Subway Ticket」 の購入対象外だったのですが、なんと買えるように!

割引額も大きく、また東京スカイツリーに行く前のおでかけの乗車にも使えるので丸一日楽しめますよ。

まだ小さな子たちなので詳しい展示は必要ないという方は、天望デッキだけでも十分「鬼滅の刃」の世界観を楽しめる演出が用意されています。

フォトスポットのほか、天望デッキ フロア350の窓ガラスを巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」では、アニメ「鬼滅の刃」の映像を上映が行われます。この上映も夜の時間帯のみなので、やっぱり夜がおすすめですね。

「SKYTREE ROUND THEATER」 の映像は静止画のみ撮影OK、動画は撮影できないのでご注意を。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ