無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元郵便局をリノベして生まれたティールーム〈TEA ROOM KIKI 京都・嵐山本店〉へ。

旅行・おでかけ

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、〈TEA ROOM KIKI 京都・嵐山本店〉を訪れました。

郵便局として愛されてきた歴史を持つ建物をリノベーションし、紅茶とスコーンの専門店としての道を歩み始めた〈TEA ROOM KIKI 京都・嵐山本店〉。抜け感のある開放的な空間、ほっとするような木の温もり、そして、時を経た味わい深い空気感とが混じり合い、"ゆっくり過ごしたい場所"へと昇華させたノスタルジックなティールームです。

お店があるのは、嵐電嵯峨駅から徒歩約1分の場所。一階、二階、それぞれ違った表情を見せる空間。計算された空間美に惚れ惚れ。

紅茶はティーフリーで。

〈TEA ROOM KIKI〉の真骨頂といえば、「amsu tea(アムシュティー)」の紅茶をティーフリーで楽しめるサービス。注がれる紅茶はその都度異なるため、毎回違った茶葉との出会いを楽しめるのも魅力の一つ。ティーフリーはクリームティーだけでなく、カレーなどのメニューでもセットとして提供されます。

自家製のスコーンを抹茶のミルクジャム&クロテッドクリームとともに味わえる、京都・嵐山限定メニュー。ジャムに使用される抹茶は宇治抹茶で、抹茶特有の旨味が絶妙に反映されており、スコーンとも好相性。スコーンは、クラシック・スコーン、アールグレイ・スコーン、シーズナル・スコーンの3種類がラインナップ。また、スコーンは追加オーダーも可能となっているため、"あともう一つ食べられたらな..."というときはスタッフさんまで。

紅茶のエッセンスを取り入れたカレーメニューもあり。「KIKI's ビーガンキーマ」は、ダージリンと共に炊き上げたごはんに大豆ミートのキーマカレーを合わせたもの。万願寺とうがらしや九条ネギも添えられた京都ならではの個性も詰まった一品。"え、これ大豆ミートなの?!"と疑いたくなる、ガツンとした味わいで舌もお腹も大満足。また、カレーと共にスコーンもいただける「スコーンセット ¥2,480」という、わがままセットもあり。
ここで出会った紅茶やスコーンなどは、店頭にて購入することが可能。それを知って一安心したというか、ティーフリーの途中"この茶葉好きだ!"と思って運命を感じても、次いつ会えるか分からないとなると遣る瀬無いですもんね...!ティータイムの続きは、ぜひご自宅で。

〈TEA ROOM KIKI 京都・嵐山本店(ティールーム キキ)〉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ