無料の会員登録をすると
お気に入りができます

憧れのパリジェンヌ顔へ♡ エスプリークの限定アイシャドウ&ルージュにときめきが止まらない

メイク

4色並んだアイシャドウを、左側から順番に使っていくのがポイント。まずはAのカラーを細チップでとり、目尻から目頭へ、目の際に細く入れる。

淡すぎず、濃すぎず、絶妙な色づきで、くっきりと際立つ目元を演出。まぶたにのせた途端、肌にするすると馴染み、しっかり密着することに感動すら覚える。気になる粉落ちもまったくなし。

続いて、Bのカラーを太チップでとり、Aのカラーをぼかすように重ねながらまぶたの中央に入れる。深みのあるボルドーで、一気にトレンド感アップ!

Cのカラーを太チップでとり、Bのカラーに重ねながらアイホールのくぼみへぼかす。ピンクゴールドのアイシャドウは、ひと塗りしただけで、まばゆいほど上品なキラめき! 華やかな目元をつくり、大人の可愛いらしさも引き立ててくれる。

Dのカラーを太チップでとり、Cのカラーに重ねるようにアイホールのくぼみにぼかしていく。ひときわ輝くピンクゴールドが、贅沢なキラめきをもたらしてくれる。

仕上げに、Dのカラーを下まぶたにもオン。

4つのカラーが絶妙に溶け合う、洗練された美しいグラデーション♡ 華美になりすぎない“抜け感”満載のパリジェンヌらしい目元に仕上がった。ナチュラルだけど印象的なキラめきは、クリスマスから新年にかけてのホリデー気分を盛り上げるのにもぴったりだ。ハイライトカラーを薄づきにすれば、オフィスメイクにも◎!

さらに1日中つけていて驚いたのは、つけたてのような仕上がりが続く高いキープ力! アイシャドウといえば時間がたつとヨレや崩れが気になるものだが、朝から夕方まで1日中つけていても崩れ知らず。きめ細かなパウダーがまぶたの上になめからにのび、高い密着力を発揮してくれる。

左から「オレンジ系211 ファッションショー」「レッド系412 ロマンティックバケーション」「ローズ系611 ローズソーン」

続いて、『エスプリーク シフォンマット ルージュ パリジェンヌ ホリデー』を実際におためし! 腕につけて色味や発色をチェックしみた。 パッと目を惹く大胆なカラーと発色は、まさにパリジェンヌの唇を思わせる色気と存在感!

今回唇に使用するカラーは、「ローズ系611 ローズソーン」。チップに適量をとり、唇の輪郭をなぞったあと、なぞった輪郭の内側を塗ったら完成だ。シフォンのようにとろける滑らかなテクスチャーは、負担感のない軽やかなつけ心地。大胆なカラーだけど、くっきり発色しすぎず、こなれ感を演出できるのも魅力だ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ