無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[シワの傾向と対策Q&A]シワ改善は美容液でしかできない? 顔の中でできてもOKなシワはどれ?答えは…

美容

シワにまつわるあれこれをクイズ形式でお届け。今回は「シワ改善は美容液でしかできない?」「コラーゲンとヒアルロン酸、代謝スピードが早いのはどっち?」「顔の中でできてもOKなシワはどれ?」の3問を出題! みんなは答えられる?

Q.シワ改善は美容液でしかできない?

a.YES b.NO

A. b.NO

日々の表情ぐせによって徐々に定着するシワだからこそ、デイリーなスキンケアで対策できるのがいちばん。乾燥による小ジワ改善ならアルソア、手ごわい表情ジワならファンケルやルシェリを試して。

しっとりまろやかな植物性温泉水で心地よいシワケア
植物性温泉水が乾燥性の小ジワを解消。水の力で心地よくベタつかないシワケアを。(右から)セルローション Ⅱ 150㎖ ¥5280・セルエッセンス 25㎖ ¥14300・セルセラム 50㎖ ¥8800/アルソア

コラーゲンサイクルに着目し、シワ改善とハリアップを同時ケア
ナイアシンアミドによるシワ改善とコラーゲンの素となるアミノ酸の一種エクトインを配合。ファンケルこだわりの無添加処方で肌はアンチストレス状態が保たれ、ハリを維持できる。(右から)エンリッチプラス 化粧液 Ⅱ 30㎖ ¥1870・同乳液 Ⅱ 30㎖ ¥1870(ともに医薬部外品)/ファンケル

高浸透を可能にするイオン化カプセルでシワ改善成分を肌奥へ
リンクルナイアシンが表皮と真皮にWのシワ改善アプローチ。プラスに帯電したイオン化カプセルがマイナスに帯電している肌に引きつけられるように浸透。(右から)ルシェリ リンクルリペアローション 160㎖ ¥3850・同エマルジョン 120㎖ ¥4180(ともに医薬部外品・価格は編集部調べ)/コーセー

Q.コラーゲンやヒアルロン酸など体内を構成する成分は分解と合成を繰り返す代謝活動を行っている。代謝スピードが速いのはどっち?

a.コラーゲン b.ヒアルロン酸

A. b.ヒアルロン酸

コラーゲンは代謝にかかる時間が長く、つくられてから10年以上をかけて分解される。対するヒアルロン酸はなんと24時間で半分が入れ替わるといわれている。自重の約6倍の水分を保持できるヒアルロン酸で肌をふっくらさせ、シワの溝を押し上げて。

炭酸マイクロニードルで深く、広く、優しく効く
針状のヒアルロン酸が溶けると肌内部で炭酸が発生する技術を搭載。炭酸がヒアルロン酸の浸透と血行を促進。ふっくら明るいメイク映えする目もとに。ReFa HARI MAKE 1包 ¥1980/MTG

従来品の2.5倍! 3800本の針で浸透量を大幅アップ
溶解型マイクロニードル化粧品の高い技術をもつ製薬会社の商品。浸透しづらい美容成分を富士山型のニードル化し、直接、角質層に刺すから効き目がダイレクト。クオニス ダーマフィラープレミア 2枚×4袋 ¥8250/コスメディ製薬

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ