無料の会員登録をすると
お気に入りができます

素直に甘えられない人必見!受け取り上手になって人生を楽しむコツ♡

「彼に思いっきり愛されたい!」そう思いながら、なかなか彼ができなかったり付き合えたとしてもすぐフラレてしまったりなど、なかなか男性に愛されないと思い悩んでいませんか?今回は、受け取り上手になることで愛され体質になるコツをお伝えします!

2018年11月
恋愛・結婚

素直に「ありがとう」と言えますか?

仕事中などで重い荷物を運んでいると、たまたま通りがかった同僚の男性から「重そうだから持ってあげようか?」と言われたとします。その時、彼に対して「全然大丈夫!」と言ってとっさに断っていたりしませんか?

男女問わず誰かに何かをされた時、上手に甘えることができなかったり、相手の裏を読んでしまったり、「悪いから、お返ししなくちゃ」と思ってしまったり。このような思考が癖になっていると、素直にありがとうと言うことが難しく感じるようになってしまいます。

愛され上手になるためには、こういう時に素直に喜んで相手に身を委ねられるかどうかが最大のカギ。今回は、男性が手放したくなくなる「受け取り上手な女性」になれるコツをご紹介したいと思います。

まずは男心を理解しよう!

男性にダメージを与えていませんか?

男性は女性に喜んでもらいたい生き物。多くの男性は見返りなど求めず、ただただ「喜んでほしい」という気持ちを原動力に行動しているのです。

なので、それ対して女性から「うれしい、ありがとう!」と笑顔で言われると、「やってよかった」と嬉しい気持ちになるのです。だからこそ、男性の「~しようか?」という申し出を断ってしまうと、女性が思う以上にダメージを受けていることがあるのです。

真面目な人ほど受け取り下手

仕事で努力しているのになかなか報われなかったり、婚活に励んでいるのにご縁がなかったりすると焦って落ち込んだり。特に、真面目で頑張りやさんほど、このような問題にぶつかっているのではないでしょうか。

これは、受け取ることを全力で拒否していることが原因。初めて会った男性や知り合ったばかりの男性に親切にしてもらった時に、「騙そうとしてる?」「下心があるの?」と相手を疑ってしまってばかりいると、進むものも進みません。

逆に、自分が誰かに対して何かしてあげた時、相手が笑顔で「ありがとう」と受け取ってくれたら、とても気分がよくなりませんか?強がったり勘ぐったりせず、喜びを素直に表現すると、自分も周りもハッピーな気分になれます。

受け取り上手になるためのコツ

1. 自分の気持ちをありのまま表現する

素直でないひとは、周りから「この人何考えてるかわからないな」とか「ちょっとひねくれてるな」などと思われている可能性アリ。ちなみに、素直になる=自分の感情を爆発させてやりたい放題やる、というわけではありません。

記事に関するお問い合わせ