無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事を好きじゃなかったわたしが変わった。“家事を好きになる3つの工夫”

ライフスタイル

「家事は面倒だから嫌い」という人も多いのではないでしょうか? その中には「嫌いな家事をやらされている」という気持ちがある人もいるでしょう。それでも家事は、生活するうえで切り離せないもの。毎日の気持ちが少しでも上向くように、家事が好きになるための3つの工夫をご紹介したいと思います。

「嫌いの欠片」を取り除き、「好きの欠片」を集めていこう

stock.adobe.com

家事は、工夫を重ねればきっと好きになれます。
その第一歩は、「嫌いなこと」と「好きなこと」を見つけること。

今はマイナスに思える作業でも、その不快なポイントを消し、自分がやりたいことを組み込み、少しずつ淡々と向き合っていけば、不思議と楽しくなりますよ。

私たちの家事時間は、生活する限り、ずっと続いていきます。その途方もなく長い時間を不機嫌に過ごすよりも、楽しいほうがいいな。私はそんなふうに考えています。

「やらされている家事」ではなく、1%でも前向きな家事と捉えられるようになれば、きっと楽しくなる。そう信じて、日々、家事と向き合っています。

すべてを一気にやるのではなく、一つずつ。まず、洗濯をほんの少しでも好きになる練習からはじめてみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ