無料の会員登録をすると
お気に入りができます

飼い主が感じる犬の健気なところ8選

愛犬が一生懸命頑張っている姿を見て、飼い主は健気だなと感じることが多いと思います。今回は、飼い主がどういった時に愛犬を健気だと感じるのか、私の経験を混ぜてご紹介していきます。

ウルフ・バロン

ペット

飼い主が感じる犬の健気なところ8選

1.トレーニングを頑張っている姿

犬は頑張り屋さんな子が多く、トレーニングを失敗してもめげずに、繰り返し頑張る愛犬の姿を見たことがあるのではないでしょうか?
もちろん、私も愛犬の頑張る姿を見ることがあり、健気だなと感じながら頑張る愛犬を応援しています。

2.何度もオヤツをねだるとき

犬はオヤツが大好きなので、わりと愛犬にオヤツをおねだりされることがあると思います。
「さっきあげたからダメ」と言っても、なかなか諦めず何度もおねだりをして頑張る姿は、健気だなと思うほど。

ちなみに、私は愛犬が室内でトイレをすると、ご褒美としてオヤツを1つあげているのですが、愛犬がどうしてもオヤツが欲しくてたまらないときは、トイレに行って少しだけオシッコをするのです。そして、「ご褒美にオヤツちょうだい」と愛犬は当然のように主張をしてきます。
それほど必死にオヤツを欲しがる健気な愛犬の姿を見て、ある意味尊敬することがあります。

3.我慢しているとき

犬は頭が良く、遊んでほしいと思っていても、飼い主が忙しそうにしていると、我慢をすることがあります。邪魔をしないように、場の空気を読んでいるのでしょうね。
自分の感情をおさえて、我慢をしている健気な姿を見ると、可愛いと思わずにはいられません。
そんなときは、用事が終わったら思いっきり遊んであげましょう。

4.誰かを待っているとき

飼い主以外でも、自分の家族や仲間だと思っている人が出かけると、犬はその人の帰りを待っていることがあります。
待っていた人が帰ってくると、尻尾がちぎれそうなくらい喜びながらお出迎えをします。
そういった場面に出会うと、帰ってくるのをずっと待っていたんだろうなと愛犬の健気さを感じることでしょう。

5.おかえりをしてくれるとき

自分が家に帰ってきたときに、愛犬がとても嬉しがっておかえりをしてくれると、「寂しく思いながら待っていてくれたのかな?」と思う飼い主は多いのではないでしょうか。
喜びながらお出迎えをしてくれる愛犬は、健気で可愛いですよね。

また、飼い主が帰ってきたときに、愛犬が喜びながらお出迎えをしてくれているということは、ちゃんと信頼関係が築けている証ともいえますね。

6.愛犬を留守番させて出かけるとき

犬を連れていけない場所に出かけるときは、愛犬に留守番をさせることになりますよね?
愛犬はその場の空気で、留守番をしないといけないと気付くことが多く、残念そうにしながらも自分でお気に入りの居場所に行く場合があります。
そういった姿を見ると、愛犬をとても健気に感じるとともに、お出かけをキャンセルしようかと悩む飼い主もいることと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ