無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ボーナス減でも焦らない!誰でもできる簡単節約術15選

節約・マネー

⑥風呂水を再利用しよう

Photo by Dan Smedley / Unsplash

お風呂の残り湯は洗濯の際に再利用しましょう。残り湯を洗剤を使う「洗い」の時に使い、その後の「すすぎ」は水道水を使うことで衛生的な問題もありません。残り湯を再利用することで水道代をかなり節約できます。

⑦古い家電は買い替えを検討してみよう

Photo by Sidekix Media / Unsplash

最近の家電は省エネ設計のものが多く、年間の電気代が抑えられます。古い家電を使っているのなら、それを買い替えるだけで大幅な節約が期待できますよ。一時的な出費は増えますが、検討してみる価値はあると思います。

⑧レシートから消費傾向を知ろう

MichikoDesign / Getty Images

1週間レシートをためて、1週間分のレシートを見返してみましょう。無駄な買い物をしていないか確認することで消費行動を改めることができます。可能であれば家計簿をつける習慣がつくとより良いと思います。

⑨カードと現金を使い分けよう

Prostock-Studio / Getty Images

クレジットカードをよく使う人はお金を使った意識が薄く、消費金額が多くなる傾向があります。家賃や光熱費など固定費はクレジットカード、食品や日用品など流動するものは現金払いするようにして使い分けましょう。

⑨コンビニの利用は最低限に

DAJ / Getty Images

最新のお菓子や飲み物、雑誌が揃ったコンビニは誘惑のかたまり!ついつい不要な物まで購入してしまいがちなコンビニの利用はなるべく最低限にしておきましょう。

⑩スマホの料金プランを見直してみよう

stocksnap.io

スマホなどの通信費の見直しは固定費の節約に繋がります。知らない間に新しい料金プランが始まっていたりしますので、「通信費が高いな」と感じている方は料金プランを見直してみてはいかかでしょうか?

⑪保険の内容を見直してみよう

Klaus Vedfelt / Getty Images

スマホと同じく、保険も知らない間に新しい保険商品が登場していることがあります。加入してから何年も経過している場合、一度内容を見直してみるのがおすすめです。

記事に関するお問い合わせ