無料の会員登録をすると
お気に入りができます

太る痩せるの違いは何?痩せるために大事な「3つの基本」

美容

2.ストレス発散方法を持つ

ダイエットをしていて一番辛いのはカロリーの高いご飯やお菓子、スイーツを我慢しなくてはならないことではないでしょうか。それがストレスになり、結果的に暴飲暴食しリバウンドしてしまうこともあります。

痩せるために大事なのは、食事以外のストレス発散方法を持つことです。上手にストレス発散している人は、ダイエットが続きやすくしっかり結果も残しています!自分にあったストレス発散方法を見つけてみましょう。

イライラ、モヤモヤをリセット♡ストレスを解消する休日の過ごし方

休日はリフレッシュして、平日に向けて気持ちを新たにしてリセットして頑張れるようにしたいですよね。そこで、心も身体もリセットできる休日の過ごし方をご提案します。
1776

瞑想を習慣にしてみよう

心を落ちつけることのできる瞑想もおすすめです。瞑想を習慣にすると、無性に食べたいという欲が不思議と減っていきます。

難しく考えず、1日の内に1回は目を閉じて呼吸に目を向ける時間を作りましょう。ストレスが多くイライラしているときには、特に効果がありますよ。

なりたいのは穏やかで綺麗な私。初心者でも簡単!「瞑想」の始め方

近年、瞑想によるさまざまな効果が注目されています。瞑想というと難しく感じてしまいがちですが、簡単に言えば心を落ち着け、体の緊張を手放すメソッドです。ここでは、ヨガインストラクターである筆者が初心者でも簡単に始められる瞑想の基本をご紹介していきます。
2480

気を遣いすぎてない?

周囲に気を遣いすぎてしまう、苦手な人とも付き合いを続けているという人は、気づかずにストレスが溜まってしまっています。それが食欲に支配される元凶になっているのかも。

すべての人に好かれようとするのを辞め、本当に大切な人と過ごすようにしてみましょう。気持ちが軽くなり、ストレスも軽減されます。

皆に好かれようとするのやめない?考え方を変えてストレスフリーになる方法

「リア充」という言葉が普及している今、つい自分と人とを比べて落ち込んでしまう女性が増えています。ただそれは思い込みであることも多いのです。人と比べない、ストレスフリーな生き方をしてみませんか?
1935

3.ぐっすり眠る

最近太ったと感じているあなた、最近よく眠れていますか?寝ている間には成長ホルモンが分泌され、脂肪の分解などを進めてくれますが、眠りの質が悪いと成長ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。

また、興奮・緊張状態のときに優位になる交感神経が働いたままになり、食欲が増進してしまうということも。体と脳をしっかり休めることで、無駄な食欲に振り回されることがなくなります。

寝る前のスマホを辞めてみよう!

眠る直前までスマホから発せられるブルーライトを見ていると、脳が覚醒し、寝ても深い眠りになりません。ベッドに入ったらスマホをいじるのは辞めましょう。

記事に関するお問い合わせ