無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これからが旬!レモンが持つ健康パワーとこの冬おすすめの鍋レシピ3選

強い酸味と爽やかな風味が特徴的なことから、料理の付け合せや調味料として活躍するレモン。最近ではレモンを使ったスイーツやドリンクもよく見かけます。そんなレモンの生産量日本一の島に学ぶレモン健康術をはじめ、管理栄養士の柴田真希先生に、冬におすすめのレモンを丸ごと使ったレシピを教えていただきました。

ライフスタイル

収穫量が4倍に!需要が高まる国産レモン

レモン関連商品の販売を手がける、ポッカサッポロフード&ビバレッジ マーケティング本部の有馬忠宏さんによれば、「日本最大級の産地である広島が2007年頃から収穫量を増やし、『瀬戸内レモン』のブランド化に乗り出したことで増加傾向が顕著になりました。さらに、2013年のひろしま菓子博でレモンを使ったお菓子が紹介されたことがきっかけとなり、瀬戸内レモンが皮まで安心して使えることが注目されました」とのこと。

これをきっかけに「塩レモン」や「レモン酢」といった、レモンを皮ごと使う活用法が広がりました。

「農林水産省 特産果樹生産出荷実績調査 種類別栽培状況累年統計」のデータからは、1994年~2014年の20年間で収穫量は約4倍、出荷量は約3倍以上に増えていることがわかります。

最近ではレモンを使ったお菓子やおつまみなどの販売、またレモンサワーの人気と相まって需要に供給が追いつかない状態に。さらに、メディアでレモンを紹介することが増えてきたことも需要を伸ばす背景になっているのだそう。

5日に1個!? レモン島のレモン活用術とは?

レモンの生産量が日本一を誇るのは、広島県の離島、大崎上島。急斜面が多くレモンの栽培に適した土地はまさに「レモン島」。そんなレモン島では、なんと5日に1個レモンを摂取するようです。レモン摂取量の全国平均が年間に5個なのに対し15倍も多いことになります!

大崎上島町でレモン農家を営む岩崎農園・岩崎さんによると、大崎上島の人たちはレモンを日頃から積極的に取り入れているそう。
「例えば、レモン果汁を醤油さしに入れて使ったり、お湯や水、牛乳などに入れて飲んだりします。レモンを皮ごと使うなど、丸ごと食べるのも地域ならではですね」(岩崎さん)

そして驚くべきことに、レモン島の平均寿命は80歳と全国平均よりも7歳も高いのです。
県立広島大学保健福祉学部 理学療法学科 教授 飯田忠行先生が行った健康調査によると、レモンを多く摂取している島民は骨密度が高いことが判明。

先生によれば、骨密度が高い理由のひとつに、レモンに含まれるクエン酸が持つキレート作用が関係しているとのこと。

「キレート作用とは、ミネラルを腸から吸収しやすい形に変えること。そのため、血中カルシウム濃度が維持され、骨密度の維持につながります。通常カルシウムは、人体には吸収されにくく、食物から摂取した約70%は体外に排出されてしまいます。しかし、島民のみなさんは普段から多くのレモンをとることで、自然とカルシウムが体内に吸収されやすくなっています。その結果、骨密度が高くなったと考えられます」(飯田先生)

それでは次に、この冬おすすめのレモンを使った“鍋レシピ”を見ていきましょう!

疲れたときにはこれ! もやしレモン肉タワー鍋

■材料(2人分)■ <スープ>

味噌:大さじ2
豆板醤:小さじ1
砂糖:小さじ1
にんにく(すりおろし):小さじ1/2
鶏ガラスープ:800cc

<レモンごまだれ(作りやすい分量)>

白ねりごま:大さじ1
白すりごま:大さじ1
砂糖:大さじ1
醤油:大さじ1
レモン果汁:大さじ1

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ