無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しい朝は2ステップでOK!美容家が実践する1分でできる顔ほぐし

ライフスタイル

ビックフェイスの3大原因

まず、なぜ顔が大きくなってしまうのかを考えると、主な原因は「厚み」「たるみ」「エラ張り」の3つ。

【厚み】

肩や首がこって筋肉の動きが悪くなると、リンパ液の流れが停滞し、老廃物が顔にたまってしまいます。これにより、ほおがふくらみ、輪郭がぼやけ、パンパンに丸まった顔「厚み顔」に見えてしまうのです。

あなたもリンパ液が滞っているかも? これからご紹介する2つの方法でチェックしてみましょう!

<滞り度:中>エラの横を押すと痛い!
人さし指を曲げ、第二関節を耳の下にあるくぼみにあててみましょう。このとき、指が入りにくい場合はリンパ節が滞っていることが考えられます。また、押したときに痛い場合も同様の理由です。
くぼみがわからない場合は、口を開けるとくぼみの位置がわかりやすいですよ。

<滞り度:高>ほお骨の下に指が入らない!
ほお骨の下に親指の腹をあててみましょう。このとき、ちょっと押しただけで痛みを感じた場合は「厚み顔」の可能性が大。

【たるみ】

むくんでいるわけでもないのに、なんだか疲れた顔をしている…。それは、意外にも「頭皮のたるみ」が原因です。頭皮と顔の筋肉はつながっており、例えば頭皮が1mm下がると、目尻は3mm、口角は5mmも下がってしまうといわれています。

【エラ張り】

かみ締めグセが原因で、顔の形がホームベース型になることで大きく見えてしまう「エラ張り顔」。骨格の問題だと思われがちですが、じつは改善することが可能。咬筋がこっている可能性が高いのですが、ゴリゴリと力強くマッサージするのはNGです。

顔ほぐしの注意点とポイント

顔ほぐしを実践するにあたって、いくつか注意点とポイントをお伝えします。

・前日の食事が翌朝のむくみを生む

ビッグフェイスの主な原因は「塩分」「添加物・加工品」「アルコール」「ストレス」「糖質」の5つです。これらの食品を控え、野菜を多くとることをおすすめします。

・朝晩2回行うとよい

朝は「むくみやすい」一方、夕方から夜は水分が体の下に下りていくので「くすみやすい」という理由から、顔ほぐしは朝でも夜でもいつ行っても問題はありません。
どちらか一方でも効果は得られますが、より高い効果を求めるのであれば朝夜の実践を意識しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ