無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小江戸を満喫[川越東武ホテル]は埼玉の食を楽しむ朝食ビュッフェがイチオシ

旅行・おでかけ

▲「厚揚げ豆腐 はつかり甘露醤油のさくさくラー油」と「大学芋」

川越名物として知られる「川越太麺焼きそば」は、駄菓子屋やお寺の門前で売られていた太麺の焼きそばが元祖。お店も多く、味めぐりをする人もいます。

▲ご当地B級グルメの「川越太麺焼きそば」

小麦の生産が盛んな埼玉県は、“隠れたうどん県”と言われるほど。「川越薪火料理 in the park」では、うどんだけでも3種類用意。埼玉県西部や東京都北西部で食べられている「武蔵野うどん」や、肉の旨味が美味しい「黒豚肉汁うどん」、川越市の北隣りにある川島町の「冷や汁」がそろい、食べくらべを楽しめます。

▲埼玉県民のほとんどが、その存在を知らない「川島町の名物冷や汁うどん」。パンチの効いた田舎汁といった味付けで、ご飯にかける方もいらっしゃるとか

サラダのドレッシングは3種類。おすすめは、川越・松本醤油の「麦みそ」を使ったドレッシング。コクがあって美味しいですよ。

▲サラダには埼玉野菜も使用

▲パンはお店で焼かれます

▲季節ごとの野菜を使ったオリジナルスムージーもおすすめです

<川越薪火料理 in the park> 公式サイト:https://restaurant-inthepark.com/

https://restaurant-inthepark.com/

さり気なく和のテイストを採り入れた【川越東武ホテル】は、小江戸川越の旅にピッタリ。地元の味を満喫できる朝食は特におすすめです。一泊二日の川越散策を満喫してみてくださいね。<text&photo:みなみじゅん 予約・問:川越東武ホテル https://www.tobuhotel.co.jp/kawagoe2020/>

https://www.tobuhotel.co.jp/kawagoe2020/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ