無料の会員登録をすると
お気に入りができます

後藤真希「ソーラン節を全力で踊る(笑)」 36歳とは思えぬ“美ボディ”の秘密

美容

10年ぶりに発売する写真集では、36歳とは思えないしなやかな体を披露している後藤真希さん。「生活しながらのセルフトレーニングが中心です」と語る後藤さんの体作りについて教えていただきました。

続けていればその体型が定着してくる。

「お話をもらった時はびっくりしたけど(笑)、せっかくだから今の理想の体を残しておきたくて、挑戦しました。若い頃はちょっと太ってきたなと思っても、ダンスをしたりサウナで汗をかくだけで元の体型に戻っていたんですが、年齢を重ねるとそう簡単に理想の体型にはなれないですね。実は私の場合は、30代に入ってから食べないと脂肪や筋肉が落ちちゃう体質に変わってしまって。写真集の撮影をするにあたり、メリハリのあるボディラインを作るためにあえて食事はしっかり摂りながら、家族が寝静まった後にこっそりトレーングをしていました。トレーニングマシンを使うこともあるけど、基本的には日常生活の中でできるセルフトレーニングが中心。毎日1~2時間ウォーキングをしたり、YouTubeを見ながら、自分の体に合ったトレーニングをチョイスして効果が感じられるものを続けています」

内臓のポジションや体幹など、体の内側を整えることがメイン。セルライトといった年齢によって変わる悩みにも日々対応している。

「やはりお腹まわりに脂肪がつきやすくなってきたので、腰まわりや腹筋を意識しながら、下垂しがちな腸などを引き上げるトレーニングと腹式呼吸を組み合わせたり、お尻の筋肉をピンポイントで鍛えてヒップアップを目指しています。老廃物を溜め込むとセルライトの原因にもなるので、足裏からふくらはぎ、太ももの前と裏はお風呂で体を洗うついでにマッサージも。湯船の中では、ストレッチをしながら足裏をぐりぐりとほぐしています。他にも“燃焼率が高くてかなり筋肉を使う”と私の周囲で話題なのが、“ソーラン節”を全力で踊ること(笑)。実はこれを毎日やるだけでも、体が変化しますよ」

さらに食生活の面で徹底しているのは、成分表示の確認だそう。

「食事は和食をメインに、たまには揚げ物も我慢せずに食べていますが、こだわっているのはメニューのカロリーや成分表示をちゃんと見ること。1~2年前から、スーパーやコンビニでも手に取った食べ物は必ず裏側の表示をチェックするようになったのですが、脂質や糖質に偏りすぎていたり、栄養分が少ないものは選ばないようにしています。これを続けていたら習慣になっていつの間にか知識がついていたし、今では表示を見なくても選べるようになりました」

そんな後藤さんが体づくりのポリシーにしていることは。

「毎日自分の体にきちんと目を向けながら、空いた時間を有効に使って、その日に必要だと思うエクササイズをすること。ながらでも、続けていればその体型は定着してくると思っています」

My Workout

ぽっこりお腹の原因になる内臓下垂を引き上げる!

1、仰向けに寝たら両膝を立てて、両手はかかとの方に向けて伸ばす。

2、肩は床につけたまま膝までが一直線になるように持ち上げる。

3、肩甲骨、背中、腰、お尻の順に波打つように床に下ろしていく。

4、1の体勢に戻ったら、再び2から繰り返す。腹式呼吸をしながら、10回×2セット。後藤さんは朝起きてすぐやっているそう。

ごとう・まき 1985年9月23日生まれ、東京都出身。元モーニング娘。3期メンバーとして活躍。11月28日・大阪、12月5日・横浜でソロライブを開催。11月29日に写真集『ramus』(講談社)が発売。
ニットカーディガン¥105,600(フォルテ フォルテ/コロネット TEL:03・5216・6518) モチーフネックレス¥18,700(テンプル オブ ザ サン/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム TEL:03・3401・5001) キャミソールワンピース、ロングネックレス、パンプスはスタイリスト私物
ジャケット¥14,800 ブラトップ¥5,800 パンツ¥12,800 ヨガマット¥7,500(以上ルルレモン TEL:0800・080・4090)

※『anan』2021年12月1日号より。スタッフ・阿部裕介(YARD) スタイリスト・宮澤敬子(WHITNEY) ヘア&メイク・青山志津香(vi’s inc) 取材、文・若山あや

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ