無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの人「変わっちゃったな」。これからどう付き合っていけばいい?

親しくしていた友人に対して、「変わってしまったな…」と感じて寂しくなることはありませんか?良い変化ならうれしいことですが、そうではないと胸も苦しいでしょう。そんな友達とこれからどう付き合っていけば良いのか、考えていきます。

2018年12月
ライフスタイル

友達が変わってしまった…

これからどう付き合っていけばいい?

人間は環境や状況によって変化することがあります。あなたも周りの人も。友人に対して「変わっちゃったなぁ…」と思ったことはありませんか?

それが良い変化ならうれしいことですが、あなたがもやもやするような変化だと、これからどう付き合っていけば良いかわからなくなってしまうかもしれません。そんな変わってしまった人との付き合い方を考えましょう。

“変化”を考える

友人が変わってしまった理由を考える

どうして友人は変わってしまったのか、理由を考えてみましょう。最近ずっと落ち込んでいたのだとしたら、仕事やプライベートで悩みがあるのかもしれません。心の痛みは人を変えてしまいます。

あるいは環境や付き合う人が変化すると、その人自身もだんだんと変わっていきます。友達自身が変わりたいと思い、行動しているのかもしれません。友人の目線に立ち、変化の理由を考えてみましょう。

もしかして自分が変わったのかも?

相手が変わったのではなく、むしろ自分が変わったので、友達の見え方も変わったのかもしれません。結婚、出産、転職、キャリアアップ…など、さまざまなライフステージによって人は変わります。

特に友達に変化はないのに、何か思うところがあるのであれば、あなた自身の変化にも目を向けてみましょう。

“友達”を考える

あなたにとって友達でいたい理由は?

あなたにとって友達でいる理由はなんでしょう。一緒にいるとほっとする、趣味が同じ、何でも話し合える、昔からの付き合い、性格が合う、価値観が合う、尊敬している…など、いろんな理由があります。相手によっても友達でいたい理由は異なるでしょう。

普段はそんな理由を考えなくても、一緒にいたくなるのが友達なのかもしれません。ただ、一緒にいて違和感を抱くようになるのは、友達でいたい理由がぶれてしまっている可能性があります。

価値観が合うと思っていたけど話が合わない、一緒にいるとほっとしていたのに最近は嫌味ばかり言われる…なんていうように。友達が変わってしまい、友達でいたい理由も失われてしまったからこそ、もやもやと考えてしまうのでしょう。

友達でいたいなら、それもいい

友達が変わったとしても、友達でいたい理由は揺るがないかもしれません。相手が変わっても、友達でいたいと思うこともあるでしょう。

見た目は全く変わったけど中身は変わらない、いつも元気なのに落ち込んでいるから今はそばにいて励ましたい、そういった気持ちです。それがあなたの思いなら、一緒にいることがベターな選択のはずです。

あなたを傷つけるなら離れよう

友達が変わってしまった結果、あなたを傷つけるようになったのなら、関係を考え直しましょう。あなたをないがしろにする、話を聞いてくれない、否定ばかりする…など。

一度や二度なら誰しも過ちは犯します。しかし、何度もあなたを傷つけるなら話は別です。友達に悪意がないとしても、あなたの心が折れてしまいます。

友達はあなたを傷つけることで、相手は心のバランスを保っているのかもしれません。何か筋が通るのかも。しかし、あなたが傷ついて良い理由にはなりません。なので、そんな友達から離れる勇気も持ってほしいのです。

“これから”を考える

心の中で友達への感謝を抱いて

友達と離れようと決めた後に、最後に文句を言ってやろうと相手を罵倒するのは違います。たとえ今は変わってしまった友達でも、一緒に過ごしてきた大切な時間や、あなたのために尽くしてくれたことが、きっとあるはずです。

それは友達の優しさでもあります。そのときの思いや時間は嘘ではなく、あなたにとってこれからも大切なものです。そんな友達に感謝を抱きましょう。今までの友達の優しさを思い出すと、心からは憎めないはずです。

お互いに傷つけ合うのではなく、あなたは優しさを持って接しましょう。あなたを傷つけた友達も、過ちに気づいて後悔するかもしれません。ただ今は、お互いが傷つかないために離れましょう。

そのまま離れたままかも、また元に戻れるかも

距離を置いた友達とは、そのまま離れたままかもしれません。二人の関係性はそういう運命だったのかなと、受け止めましょう。人の縁はわかりません。

また時間が経てば、何かがきっかけで元に戻れるかもしれません。どうなるかはわかりませんが、あなたはあなたの人生を充実させていれば、どんなことが起きてもきっと大丈夫です。

変わらないことなんてないから

変わらないことなんてありません。子どもから大人になるように、人の外見も内面も変わっていきます。変わったときにどうするか、それはあなたの意思で決めることです。

変化に気づき、相手と向き合い、友達との関係を考えていきましょう。

記事に関するお問い合わせ