無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見えになってない?グレーパーカーをおしゃれに着こなす5つのコツ

冬のグレーパーカーコーデ、ダサ見えになっていませんか?もともと部屋着感が強いアイテムですが、重ね着が増える冬はますます野暮ったくなってしまいがち。そこで、グレーパーカーをおしゃれに着こなす選りすぐりのコツを5つ、こっそりお届けしちゃいます♡

ファッション

冬でもグレーパーカーをおしゃれに着たいんです!

wear.jp

グレーパーカーを着ると、何だか部屋着感が出ちゃう…という人はいませんか?重ね着が増える冬は、特にもっさりしがちですよね。そこで、冬でもグレーパーカーをおしゃれに着るコツをご紹介♡この冬こそグレーパーカーを素敵に着こなして、おしゃれ上級者の仲間入りを果たしちゃいましょう!

コツ1▽おしゃれに見えるパーカーをチョイス

グレーパーカーをおしゃれに着るには、パーカー選びからこだわるのが重要。すぽっとかぶるプルオーバーパーカーとファスナーが付いたジップパーカーが定番だけれど、今っぽいのは断然プルオーバータイプ。でもジップパーカーには、レイヤードしやすいという利点があるんですよ。

zozo.jp

グレーパーカーを選ぶ際に、こだわりたいのがフードの立ち上がり。フードが立体的に立ち上がることで小顔効果が期待できるうえに、アウターをレイヤードした際に襟元のもたつきを軽減できるんです。また、全体のシルエットがルーズになるほどカジュアルな印象になりますが、オーバーサイズが人気の今は、きれい目に着る場合でもタイトすぎないものがおすすめです。

zozo.jp

ジップパーカーはフードが立ち上がりにくいのが難点ですが、逆に襟元をすっきり見せることが可能です。前を開けてインナーを見せることができるので、レイヤードの幅も広がりますね。

コツ2▽レイヤードを駆使

冬コーデにグレーパーカーを活躍させるなら、避けては通れないレイヤード。アイテムを重ねることで寒い冬でも暖かく過ごせるし、シンプルなグレーパーカーを表情豊かに着こなせちゃうんです。実益とおしゃれを兼ねたレイヤード、試してみない手はありませんよ♪

zozo.jp

オーバーサイズがカジュアルな印象のグレーパーカーは、中にレイヤードしやすいのが嬉しいところ。襟ぐりや袖、裾から白のロンTをゆるっとのぞかせれば、こなれ感たっぷりに着こなせます。

wear.jp

トレンドライクなざっくりカーデをグレーパーカーにレイヤード。カーディガンの背中にかかるフードがアクセントになってくれるから、ネイビーやカーキを使ったシンプルな着こなしでも地味見えすることはありません。

wear.jp

ボーダーTにグレーパーカー、そしてトレンチコートとアイテムをたくさん重ねるときこそ、ジップパーカーの本領発揮。前を開けてVラインをつくれば、ボーダーがコーデにメリハリを出してくれるし、スッキリ見せも叶いますね。

コツ3▽配色テクでダサ見えを回避

よく言えば繊細、悪く言えば曖昧なグレーは、油断するとぼやけた印象に陥りがち。それを回避するには、おしゃれ見えする配色を工夫するのがマスト。モノトーンで辛口にまとめたり、きれい色を効かせてアクセントにしたり、いつもより色づかいに気を配ってみて。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む